東京都中央区・松屋銀座に日本の食卓に合ったパンを提案するショップ登場

 

松屋銀座は9月5日、地下1階食品売場に、日本の食卓に合ったパンづくりを行うアンデルセンの新ブランド「BREAD STORY」をオープンする。

「キタノカオリブレッド」(1本476円、1/2本238円・税込)

日本の食卓に合うパンを目指し、国産小麦を使用

同店は、松屋銀座とアンデルセンが共同で作り上げた、"日本の食へのこだわり"を表現する新ブランドショップ。パンづくりのすべての過程を表現した"土づくりから食卓づくりまで"をブランドコンセプトに、日本の四季、素材を大切にした「日本の風土に合った、日本ならではのパン」を提案する。国産小麦のおいしさを生かした商品開発を行い、粉の種類によって異なる味わい・食感が楽しめるという。

国産小麦を使用したパンは、小麦本来の味が感じられ、「飽きのこないすっきりとした味わい」や「しっとりもちもちとした食感」が楽しめる。また、しょうゆや味噌など日本特有の調味料や食材とも相性が良い仕上がりになっているという。

「もち小麦の山型トースト」(1本713円、1/2本357円・税込)

また、国産小麦使用のパンをトーストすると、サクサクと口溶けが良くなるという特徴を生かし、和の食材や季節の野菜と組み合わせた総菜パンやサンドイッチを開発。ランチ限定オーダーサンド「ジャストベイク ツインサンド」(2個セット692円、1個378円・税込)は、注文後にサンドイッチを上下から挟みトーストする商品で、国産小麦パンの焼きたてのおいしさが味わえるという。

「ランチ限定 ジャストベイク ツインサンド(和風ツナ/ほうれん草と卵/スモークサーモン/生ハムとルッコラ/ハムとチーズ/バジルチキン)」(2個セット692円、1個378円・税込)

メロンパンなど日本生まれの菓子パンや、さつま芋「みつ姫」などこだわりの和素材使用のマフィン、黒ゴマやきなこ使用のパンペルデュなどを販売。全94種類の品ぞろえとなる。

「みつ姫のマフィン/渋皮栗のマフィン/抹茶かのこのマフィン」(各1個216円・税込)

店舗には、スタッフとの会話を楽しみながらパンを選ぶスペースと、来店者がセルフでパンを購入できるスペースを設置。また、店内厨房を設けることで、パンを焼く様子を見学できるほか、焼きたてを提供することが可能になっている。さらに、アンデルセン独自の社内資格制度で育成するパン販売のプロ"ブレッドマスター"が、パンのおいしい食べ方や、料理に合うパンの選び方など、アドバイスを行う。

オープン日は9月5日。場所は、松屋銀座地下1階 食品売場(東京都中央区銀座3-6-1)。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

[福山雅治]黒柳徹子とのメアド交換告白 パパラッチ役に手応えも
[13:07 10/1] エンタメ
[来週のべっぴんさん]第1週「想いをこめた特別な品」 ヒロインの“原点”? 病気の母のため思い込め…
[13:00 10/1] エンタメ
「イノベーション」を目的に引っ越したヤフー、こだわりの中身は?
[13:00 10/1] 企業IT
石原さとみ、ドラマ情報彫刻された"赤鉛筆アート"に「地味にスゴイ!」
[13:00 10/1] エンタメ
ギョエー!楳図かずおグッズ通販サイト開設、複製原画の手渡しイベントも
[12:41 10/1] ホビー