土屋太鳳が作詞曲「全裸は私の制服」熱唱! 20分の映像が伝える"座長"の魅力

 

女優の土屋太鳳が主演を務め、殺人鬼役を熱演した映画『人狼ゲーム ビーストサイド』が、30日から公開をスタートした。このほど公開された約20分の特別映像では、撮影中の貴重なシーンのほか、現場で"座長"と呼ばれていた土屋の女優としての魅力にも触れることができる。

映画『人狼ゲーム ビーストサイド』で主演を務める土屋太鳳

本作は、強制的に「人狼ゲーム」に参加させられた10人の高校生が、4人の「村人」、2人の「人狼」、互いが村人と分かる2人の「共有者」、人狼から村人を守ることができる1人の「用心棒」、1ターンごとに1人の正体を知ることができる1人の「予言者」に振り分けられ、命がけのだまし合いを繰り広げる。NHK連続テレビ小説『まれ』のヒロインに抜てきされた土屋太鳳を主演に据え、森川葵、桜田通、佐久間由衣、國島直希、加藤諒、藤原季節といった注目の若手で脇を固めた。

今月8日には予告映像第1弾が公開されたが、今回はその1分30秒を大きく上回る約20分の長尺映像。「本気度が伝われば興味をもってもらえるはず」(宣伝担当)という思いで、112分の作品のダイジェストにメイキング映像を加えて20分にまとめた。監督は、『パークアンド ラブホテル』でベルリン国際映画祭の最優秀新人作品賞を日本人で初めて受賞した熊坂出氏。映像は、監督からの指示に熱心に耳を傾けるキャストたちの姿も捉えている。

キャストの個別インタビューでは、小曽根正則役の加藤諒が5歳年下の19歳・土屋を「頼れる座長です」と絶賛。撮影現場の空気が緩くなったときには、土屋が率先して出演者を集め、円陣を組んで気合を入れることもあったという。「みんな太鳳ちゃんのことを信頼していたから、思いっきりぶつかることもできたんだと思います」と語る加藤。時折じゃれ合う場面もあり、良好な関係が築き上げられていたことがうかがえる。

撮影は物語の進行に合わせて進める"順撮り"。出演者が1人、また1人と命を落としていくにつれ、現場の空気も徐々に張り詰めていく。土屋は「みんな、すごく尊敬しています。1日中ずっと集中しているんですよ。ずっと泣いてて…」と共演者をたたえながら、特に平一也役の藤原季節に刺激を受けた様子。"環境による人間の変化"を演じてみせた藤原に「負けたくない」と思った瞬間、目から涙がこぼれたという。「ノートに『絶対負けない』と書いて勝負しました」という言葉は、先述の「思いっきりぶつかることができた」という加藤の言葉を思い起こさせる。

そして、土屋が樺山由佳になりきって作詞をした楽曲「全裸は私の制服」を熱唱するシーンも貴重。「あちー! あちー! 全裸! 全裸! 全裸!」と叫ぶ部分だけでは意味不明だが、劇中では由佳の感情を表す重要な役割を担っている。土屋本人も「台本を最初に読んだ時に思ったことを衝動的に書きました」と語る通り、思い入れの強い楽曲に仕上がった。

(C)2014「人狼ゲーム BEAST SIDE」製作委員会

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

藤ヶ谷太輔、バスケ選手の役づくりで「髪をバッサリ切って黒くしました」
[13:13 8/31] エンタメ
シマンテック、常時SSL化に向けホスティング事業者向け新サービス提供
[13:06 8/31] 企業IT
10周年記念「ゼーガペイン アルティール」は積層化QLフルチャージ状態再現
[13:00 8/31] ホビー
エアバス、LATAMにA320neo引き渡し - アメリカ大陸で最初の運航会社に
[12:59 8/31] 趣味
マウス、「オータムセール」にクリエイター向けPC「DAIV」を追加
[12:57 8/31] パソコン

本音ランキング