JR山口線「SLやまぐち号」使用するC57形1号機の修繕完了、9/6から運転復帰

 

JR西日本は、山口線で運行する「SLやまぐち号」で使用していたC57形蒸気機関車(C57形1号機)の修繕を完了したと発表した。9月6日から、「SLやまぐち号」に復帰する。

山口線を走る「SLやまぐち号」(写真はイメージ)

今年の「SLやまぐち号」は7月5日に運行開始したが、C57形1号機に不具合が発生したため、7月19日以降はディーゼル機関車(DD51形)でレトロ客車(5両)をけん引する快速「やまぐち号」として運転された。8月15日からはC56形蒸気機関車(C56形160号機)を代替として使用し、C56形機関車・ディーゼル機関車(DD51形)・レトロ客車5両の編成で、新山口駅から地福駅まで運転。復路(新山口行)は先頭からDD51形機関車・C56形機関車(逆向き)・レトロ客車5両の編成での運転となり、列車名も「DLやまぐち号」としていた。

C57形1号機の復帰により、本来の体制に戻る「SLやまぐち号」は、9月6日から11月23日までの土休日(計28日間)、新山口~津和野間を1日1往復運転。運転時刻は下りが新山口駅10時48分発・津和野駅12時58分着、上りは津和野駅15時45分発・新山口駅17時30分着となる。

※写真は本文とは関係ありません。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

リニア、デュアル入力モノリシック電源プライオリタイザ「LTC4420」を発表
[10:50 9/1] テクノロジー
Windows 10 Insider Preview、ビルド14915で「配信の最適化」が向上
[10:49 9/1] パソコン
リニア、60V同期整流式降圧バッテリチャージャコントローラ「LTC4013」
[10:31 9/1] テクノロジー
[実力試し]HTML5 認定試験 Lv1 想定問題 (10) time要素の使い方
[10:30 9/1] 企業IT
ドコモショップで生命保険の販売がスタート、通信会社は何を狙うか
[10:30 9/1] 経営・ビジネス

本音ランキング