Intel、最大8コアの"Haswell-E"ことデスクトップPC向け最上位CPU「Core i7-5960X」発表

 

米Intelは29日(現地時間)、LGA 2011対応のデスクトップ向けCPUの新製品として、最上位モデル「Intel Core i7-5960X Extreme Edition」を含む3モデルを発表した。アーキテクチャをHaswell世代に、またプラットフォームをIntel X99 Expressチップセットに刷新し、DDR4メモリをサポートする。最上位モデル「Core i7-4960X Extreme Edition」における1,000個発注時の単価は999米ドル。

■「Intel Core i7-5960X」のレビュー記事はこちら
【特集】「Haswell-E」徹底検証!! - Core i7-5960Xで試す新世代8コアの実力

"Haswell-E"という開発コード名で知られるCPU。前世代の"Ivy Bridge-E"(開発コード名)と同様に、22nm Tri-Gateプロセスを採用するが、パッケージがLGA2011-v3に変更となったほか、プラットフォームはIntel X99 Expressチップセットに刷新、DDR4メモリに対応する。

Haswell-Eの概要

最上位モデル「Core i7-4960X Extreme Edition」のコアとスレッド数は、8コア/16スレッドと従来の"Ivy Bridge-E"から増加、動作周波数は3.0GHz、20MBのL3キャッシュを搭載する。Intelによると前世代と比べ、4Kの動画変種では最大20%、3Dレンダリングでは最大32%、ゲームでは最大14%のパフォーマンス向上を実現したという。

Intel Core i7-5960X Extreme Editionのダイ

前世代であるIntel X79 Expressとの比較。サポートするSATAポート数なども増えている

従来モデルとのパフォーマンス比較

各モデルのスペックは以下の通り。エントリーに当たるIntel Core i7-5820Kとその上位2モデルでは、PCI Expressのレーン数が異なっている。NVIDIA SLIあるいは、AMD CrossFireでマルチGPUを構成する際などに注意が必要だ。

製品ラインナップ

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

重さ23g、わずかな頭の動きでポインタが操作できる装着型マウス
[21:12 9/26] パソコン
「夜桜四重奏」着せ替えカバーがシリウスに、次号成田良悟原作の新連載が開幕
[20:46 9/26] ホビー
トヨタの次世代交通システム分析にオラクルのクラウド可視化サービス
[20:37 9/26] 企業IT
小林麻耶、"ゴールが見えない闘い"に苦悩も「今を大切に一歩一歩前に」
[20:35 9/26] エンタメ
バルミューダ、注ぎ心地にこだわった「小さくて美しい」電気ケトル
[20:18 9/26] スマホとデジタル家電