JR九州、故・原信太郎氏が愛した「或る列車」をD&S列車に - 来年夏から運行

 

JR九州は27日、新しいD&S列車について発表した。気動車2両編成で、2015年夏頃の運行開始を予定している。

新しいD&S列車のイメージイラスト(JR九州提供)

新しいD&S(デザイン&ストーリー)列車では、横浜市の原鉄道模型博物館を開設した故・原信太郎氏(2014年7月5日、95歳で永眠)が愛した幻の客車「或る列車」の模型がデザインのベースに。次男で原鉄道模型博物館副館長の原健人氏が監修し、水戸岡鋭治氏のデザイン・設計で、1分の1サイズの「或る列車」が製作される。

同列車の定員は40名程度。車内はテーブル席をメインに、サービスカウンターも設置し、上質な空間で特別な時間を過ごせるよう準備を進める。地元の食材を使用した特別なスイーツも楽しめるという。運行線区は「久大本線、大村線」、運転日は「土曜・休日および夏休み・春休み・GWなど」とのことだが、いずれも調整中で、詳細は決まり次第、改めて発表するとしている。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

重要性が増す企業でのCSIRT構築および運用における実態調査
[17:09 7/1] 企業IT
JAL×ポンタ「JAL Pontaカード」誕生 - "ポンタパイロット"を機内でも配布
[17:01 7/1] 趣味
米IBM、インメモリーデータベースの新バージョン「IBM DB2 V11.1」
[16:59 7/1] 企業IT
日産「キューブ」一部仕様向上、エントリーモデルに本革巻きステアリングも
[16:50 7/1] ホビー
【レビュー】Windows 10 Insider Previewを試す(第58回) - 7回のビルドアップを行った2016年6月最後のビルド14379
[16:46 7/1] パソコン

本音ランキング