JR九州、故・原信太郎氏が愛した「或る列車」をD&S列車に - 来年夏から運行

 

JR九州は27日、新しいD&S列車について発表した。気動車2両編成で、2015年夏頃の運行開始を予定している。

新しいD&S列車のイメージイラスト(JR九州提供)

新しいD&S(デザイン&ストーリー)列車では、横浜市の原鉄道模型博物館を開設した故・原信太郎氏(2014年7月5日、95歳で永眠)が愛した幻の客車「或る列車」の模型がデザインのベースに。次男で原鉄道模型博物館副館長の原健人氏が監修し、水戸岡鋭治氏のデザイン・設計で、1分の1サイズの「或る列車」が製作される。

同列車の定員は40名程度。車内はテーブル席をメインに、サービスカウンターも設置し、上質な空間で特別な時間を過ごせるよう準備を進める。地元の食材を使用した特別なスイーツも楽しめるという。運行線区は「久大本線、大村線」、運転日は「土曜・休日および夏休み・春休み・GWなど」とのことだが、いずれも調整中で、詳細は決まり次第、改めて発表するとしている。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

3Dプリンタで会社生活の悩みを解決しよう! 第1回 どれが自分のビニ傘か一発でわかる「傘タグ」
[11:00 7/29] テクノロジー
「2016年夏ドラマ」19作を視聴&ガチ採点! 視聴率や俳優の人気は無視、本当に面白い作品はコレだ
[11:00 7/29] エンタメ
こぶしファクトリー「"こぶし組"の輪を広めて有名なグループに」と意気込み
[11:00 7/29] エンタメ
シリコンバレー101 第670回 ポケモンGO便乗アプリ、成功したアプリとつまづいたアプリの違い
[11:00 7/29] 企業IT
竹尾の紙に"電子回路を印刷" - 「紙のミライ」を探る企画展
[11:00 7/29] 企業IT

本音ランキング