理研、27日午後にSTAP細胞検証実験の中間報告を発表

理化学研究所(理研)は8月26日、STAP細胞の存在を確かめるために4月から実施している検証実験の中間報告を27日午後に公表すると発表した。研究不正の再発防止策も同時に公表するという。また、7月から実験に参加している小保方晴子氏の結果は発表に含まれないとのこと。

STAP細胞の論文は1月に英科学誌「Nature」に発表されたが7月に撤回された。検証実験は理研発生・再生科学総合研究センターの相沢慎一 特別顧問が統括する形で4月から始まり、8月初めには中間報告が発表される予定であった。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事