東芝、NEDOの次世代がん診断システム開発プロジェクトに参加

東芝は8月22日、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)から、最先端の次世代がん診断システム開発への産学官連携プロジェクトである「体液中マイクロRNA測定技術基盤開発」の委託先に採択されたと発表した。

同プロジェクトは、がんや認知症などの早期診断に有力な診断マーカーとされるマイクロRNA(以下、miRNA)を用いた診断技術を確立し、患者への負担が小さく、より早期に一度に様々ながんや認知症を診断できる世界最先端の診断機器・検査システムの開発を目指すもの。

「 患者体液中マイクロRNAの網羅的解析」「疾患横断的に解析可能なマイクロRNA発現データベースの構」「マイクロRNA診断マーカーとマイクロRNA検査/診断技術の開発」「臨床現場での使用に向けた検査システムの開発」を研究開発のテーマに据えている。

「体液中マイクロRNA測定技術基盤開発」の概要

同社は、同プロジェクトにおいて「臨床現場での使用に向けた検査システムの開発」を担当し、血清中のmiRNAを簡便・迅速に検査するための技術開発を行う。

同社は、DNAチップとしては初めて保険適用されたヒトパピローマウイルスタイピング用DNAチップで培ってきた電流検出型DNA検査技術に関する経験を生かし、miRNAを利用した高感度且つ高精度な検査システムの実現に向け貢献する。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事