Mac OS X 10.10 Yosemite Beta 2登場

Betanews - Technology News and IT Business Intelligence

8月22日(米国時間)、BetaNewsに掲載された記事「Apple launches OS X 10.10 Yosemite Beta 2」が、Mac OS Xの次期メジャーアップグレードバージョンへ向けた2つ目のベータ版「Mac OS X 10.10 Yosemite Beta 2」が公開されたことを伝えた。試用するにはMac OS X 10.10 Yosemiteに対応したハードウェアが必要になるほか、ダウンロードするために登録を実施する必要がある。

「Mac OS X 10.10 Yosemite Beta 2」では2014年7月に公開された最初のベータ版で発見されたバグが修正されているほか、デザインの調整、iTunes 12ベータ版の提供開始などが実施されている。すでに最初のベータ版をインストールしてある場合には、App Sotreアプリケーションを起動してそこからアップデートを実施することでBeta 2へのアップデートが可能。

AppleはこれまでMac OS Xの開発版に関しては開発者には提供してきたものの、熱心なAppleユーザに対して提供することはなかった。2014年7月に公開されたベータ版はユーザ向けとして提供されたはじめての開発版Mac OS Xということになる。Mac OS X 10.10 YosemiteはMac OS X 10.8 Mountain LionまたはMac OS X 10.9 Mavericksが動作するマシンであれば実行できるだろうという説明がある。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事