『PSYCHO-PASS サイコパス』特殊拳銃ドミネーターが玩具化、ナビは日高のり子

 

2015年に発売が予定されている『PROPLICA ドミネーター』

人気TVアニメ『PSYCHO-PASS サイコパス』に登場する特殊拳銃「ドミネーター」が、2015年にバンダイの「PROPLICA」シリーズで玩具化されることが明らかになった。

「PROPLICA」シリーズは、バンダイのコレクターズ事業部が展開する玩具で、同社がこれまで変身アイテムを代表とする数々の劇中小道具(プロップ)を商品化してきたノウハウに、コレクターズアイテムの最新開発技術を導入。一層の「本物感」を追求した大人向け玩具となる。これまでにアニメ『美少女戦士セーラームーン』シリーズの「キューティームーンロッド」や「ムーンスティック」が発売され、大ヒットに。「日本おもちゃ大賞2014」では、「ハイターゲット・トイ部門」で大賞を受賞している。

『PROPLICA ドミネーター』は、8月23日~24日に千葉県・幕張メッセで開催中の「キャラホビ2014 C3×HOBBY」にてお披露目。有事の際に公安局の執行官と監視官のみが携帯でき、潜在的な犯罪者を見分ける犯罪係数を測定できる「ドミネーター」を忠実に再現しており、アニメと同様、声優の日高のり子が音声ガイダンスやナビゲートの声を担当している。不正ユーザーに認定されるとトリガーロックがかかり、LEDが赤く点灯。商品サンプルとともに展示されていた「PROPLICA ドミネーターを体感せよ」というパネルでは、「起動」「ユーザー認証」「犯罪係数測定」のボイスを聞くことができたが、実際の商品ではさらに多くの声が収録されるという。

発売は2015年を予定しており価格は未定、商品ページもオープンしている。2012年10月から2013年3月まで、フジテレビの深夜アニメ枠「ノイタミナ」で放送された『PSYCHO-PASS サイコパス』は、『踊る大捜査線』シリーズなどで知られる本広総監督が初めてアニメを手がけた作品。魅力的なキャラクターに加え、人の心理状態を数値化して判断する近未来の情報化社会という舞台設定から人気を博した。10月より待望の続編となる新作『PSYCHO-PASS サイコパス 2』、今冬には完全新作映画『劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス』の全国公開が予定されている。

(C)サイコパス製作委員会 (C)PSYCHO-PASS Committee

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

そそられないポンコツ淫魔のちょいエロコメディ、ジャンプ+で
[20:41 7/26] ホビー
[映画興行成績]「ONE PIECE」最新作が初登場で首位 興収11.5億円の好スタート
[20:30 7/26] エンタメ
夫婦のLINE 第128回 甘っちょろい戯言は抜きだ
[20:30 7/26] ライフスタイル
タイガが逆壁ドンジャンプ!南十字明日菜が描く「キンプリ」出張版がザ花に
[20:07 7/26] ホビー
スマホからの「welq」利用者急増で631万人に - ニールセン
[20:03 7/26] 企業IT

本音ランキング