Apple、ベータ登録者に「OS X Yosemite Beta 2」と「iTunes 12」を公開

 

米Appleは21日(現地時間)、次期Mac用OS「OS X Yosemite」のパブリックベータプログラム参加者に「OS X Yosemite Beta 2」と「iTunes 12.0」の提供を開始した。Yosemite Betaを導入済みの場合はソフトウエア・アップデート機能を使って、App Storeアプリからアップデートできる。

OS X Yosemite Beta 2は、7月25日に提供が始まったYosemiteパブリックベータ版の初のアップデートだ。開発者向けにリリースされたばかりの「Developer Preview 6」とほぼ同じ内容になっている。iTunes 12.0は新しいデザインが採用されており、ファミリー共有機能をサポートする。

OS X Yosemiteは今秋に最終版がリリースされる予定。Appleの次期モバイルOSである「iOS 8」との組み合わせで実現するiOSデバイスとMacの連携が目玉機能の1つであり、この秋の発売が噂されるiPhoneの新製品と同じタイミングで登場すると見られている。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

アカマイ、Web画像の最適化&高速配信を自動化する「Image Manager」発表
[14:13 9/28] 企業IT
『ジョジョ』実写映画が2017年夏公開決定、原作・荒木飛呂彦氏「誠に光栄」
[14:07 9/28] ホビー
パナソニックの頑丈ノートPC「TOUGHBOOK」が20周年
[14:02 9/28] パソコン
坂上忍、紀香は"梨園の妻"として「うまくいくと思う」- 三田寛子は"お手本"
[14:01 9/28] エンタメ
OPPO、最新世代DAC採用でアンプも向上したポタアン「HA-2SE」
[14:00 9/28] スマホとデジタル家電