Apple、ベータ登録者に「OS X Yosemite Beta 2」と「iTunes 12」を公開

 

米Appleは21日(現地時間)、次期Mac用OS「OS X Yosemite」のパブリックベータプログラム参加者に「OS X Yosemite Beta 2」と「iTunes 12.0」の提供を開始した。Yosemite Betaを導入済みの場合はソフトウエア・アップデート機能を使って、App Storeアプリからアップデートできる。

OS X Yosemite Beta 2は、7月25日に提供が始まったYosemiteパブリックベータ版の初のアップデートだ。開発者向けにリリースされたばかりの「Developer Preview 6」とほぼ同じ内容になっている。iTunes 12.0は新しいデザインが採用されており、ファミリー共有機能をサポートする。

OS X Yosemiteは今秋に最終版がリリースされる予定。Appleの次期モバイルOSである「iOS 8」との組み合わせで実現するiOSデバイスとMacの連携が目玉機能の1つであり、この秋の発売が噂されるiPhoneの新製品と同じタイミングで登場すると見られている。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

[レベルファイブ]次はロボットもの「メガトン級ムサシ」 週刊少年ジャンプと協力
[15:36 7/30] ホビー
[プリパラ]「すみっコぐらし」とコラボ しろくまなど人気キャラがコーデに
[15:12 7/30] ホビー
MF文庫J、7月新刊は7タイトル! 『アブソリュート・デュオ』の最新巻登場
[15:00 7/30] ホビー
「Pokémon GO」に便乗した3つの脅威に注意 - トレンドマイクロ
[15:00 7/30] 企業IT
開幕まで一週間! iPhone/iPadアプリを使ってリオ五輪をもっと楽しもう!!
[14:23 7/30] スマホとデジタル家電