Apple、ベータ登録者に「OS X Yosemite Beta 2」と「iTunes 12」を公開

 

米Appleは21日(現地時間)、次期Mac用OS「OS X Yosemite」のパブリックベータプログラム参加者に「OS X Yosemite Beta 2」と「iTunes 12.0」の提供を開始した。Yosemite Betaを導入済みの場合はソフトウエア・アップデート機能を使って、App Storeアプリからアップデートできる。

OS X Yosemite Beta 2は、7月25日に提供が始まったYosemiteパブリックベータ版の初のアップデートだ。開発者向けにリリースされたばかりの「Developer Preview 6」とほぼ同じ内容になっている。iTunes 12.0は新しいデザインが採用されており、ファミリー共有機能をサポートする。

OS X Yosemiteは今秋に最終版がリリースされる予定。Appleの次期モバイルOSである「iOS 8」との組み合わせで実現するiOSデバイスとMacの連携が目玉機能の1つであり、この秋の発売が噂されるiPhoneの新製品と同じタイミングで登場すると見られている。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

さんま、SMAP解散の真相は報道通り?「ほぼ間違いないと思う」
[00:23 8/28] エンタメ
小柳歩、"舐め"オンパレードで「セクシーというよりはエロい」
[00:00 8/28] エンタメ
Fカップ松嶋えいみ、2人の男性からマッサージ「私生活でもやって欲しい」
[00:00 8/28] エンタメ
さんま『さんまのまんま』終了理由「制作費」と明かすも、 実は別に理由が?
[23:55 8/27] エンタメ
「PINコード」とは - いまさら聞けないスマートフォン用語
[23:04 8/27] スマホとデジタル家電