ソニー、高い防水性能の「Xperia M2 Aqua」発表 - 水中での撮影にも対応

ソニーモバイルコミュニケーションズは19日(米国時間)、防水防塵に対応したAndroidスマートフォン「Xperia M2 Aqua」を発表した。欧州、南米、一部のアジア地域で2014年秋頃より販売開始する。

「Xperia M2 Aqua」

「Xperia M2 Aqua」は、防水防塵性能を備えた4.8インチAndroidスマートフォン。防水性能はIP65/68、防塵性能はIP65に準拠しており、1.5mまでの深さであれば最大30分間水没させることができる。また、水中専用のカメラボタンを装備しており、水中でも写真の撮影が可能。そのほかの機能などは、前モデルとなる「Xperia M2」を踏襲しており、ほぼ同様の仕様となっている。

「Xperia M2 Aqua」の主な仕様は次の通り。OSは、Android 4.4。CPUはクアッドコアのSnapdragon(1.2GHz)。内蔵メモリは1GB、ストレージは8GB、外部ストレージはmicroSD(32GB)。サイズ/重量は、高さ約140mm×幅約72mm×厚さ約8.6mm/約149g。ディスプレイ解像度は、540×960ピクセル。バッテリー容量は、2,330mAh。最大連続通話時間は約11時間23分、最大連続待受時間は約641時間、最大連続音楽再生時間は37時間31分、最大連続動画再生時間は8時間4分。背面には800万画素、前面には110万画素のカメラを内蔵する。カラーバリエーションは、blackとwhiteの2色展開。

通信面では、LTE(4G)、UMTS HSPA(3G)、GSM GPRS・EDGE(2G)をサポート。そのほか、NFC、Bluetooth 4.0、IEEE802.11a/b/g/nに準拠したWi-Fiに対応する。

(記事提供: AndroWire編集部)

人気記事

一覧

新着記事