猫がひざから降りてくれない時、下僕はどうするべきか

 

猫の最大の魅力と言えば、やはりその「ツンデレ具合」です。いつも「ツン」な猫が「デレ」てくれる瞬間を、至福のときだと思う方も多いのではないでしょうか。一方で、デレてくれるのは嬉しいけれど…なかなかひざから降りてくれない猫もいるものです。こんなときにはどうすれば良いのでしょうか。

■血行だけは確保。あとは、諦める…?

可愛い猫が自分のひざの上でくつろぐ時間は至福のときですが、人間にだっていろいろと都合があるものです。しかしマイペースな猫にそれを理解してもらうのは、至難の業。自分が満足するまで、大好きな飼い主のひざでくつろいでいたいと思っているようです。中には「やっと降りてくれた…と思ったら、水を飲んでまた戻ってきた」なんてケースもあるよう。こんなときには「猫が満足するまで付き合う」のも一つの方法です。思う存分甘えさせてくれる飼い主がいれば、きっと猫の気持ちも安定するはず。良い関係を築くことができるでしょう。ただし、「とりあえず組んでいる足を崩す」などの対策をして、足の血行を良くすることだけは忘れないでください。1~2時間平気でひざに乗り続ける猫もいます。エコノミー症候群にならないよう、注意しましょう。

■気を引く作戦

思う存分猫との時間を満喫したいとは思うものの…「どうしてもトイレに行きたい」なんてこともありますよね。こんなときにはぜひ「猫の気を引く作戦」を実行しましょう。用意するものはお気に入りの「おやつ」や「おもちゃ」です。いつ猫がひざに乗ってきてもいいように、あらかじめポケットの中に入れておくのがオススメ。おやつやおもちゃを目の前の床に転がしてみてください。もしも猫の気が向けば、ひざの上から降りてくれる……かもしれません。

■どんなときにも活用可能

気を引く作戦は、猫の性格によっては非常に効果的ですが、「猫が起きているとき限定」という制約があります。ではひざの上で、気持ちよく眠っている猫にはどう対処すれば良いのでしょうか。こんなときには、あらかじめ準備をしておくのが最大のコツ。猫がひざに乗る前に、ひざ掛けやタオルを一枚敷いておきましょう。もしも猫がどうしても退いてくれないなら、ひざ掛けやタオルごと移動させます。これも嫌がる猫の場合には、猫をくるむように抱っこできる上着を着ておきましょう。ちょっとした用事なら、猫を抱っこしたまま済ませられます。

女王様気質の猫を思い通りに動かそうとするのは、やはり難易度が高いことです。「どうしても今だけは…」というときには、正面から「ごめんね。ちょっとどいてくれる?」とお願いするのも一つの方法です。「出来たら褒める」「用事が終わったらまたひざに乗せてあげる」などの方法を繰り返すことで、徐々にコミュニケーションがとれるようになるケースもあるようです。

(画像は本文と関係ありません)

関連キーワード

人気記事

一覧

2016年9月30日の運勢

イチオシ記事

新着記事

新番組で政界進出を狙う武井壮に、ブラマヨ小杉「野心が見えて仕方ない」
[13:30 9/30] エンタメ
IEEE 802.3bz登場、ネットワークが最大5倍高速化
[13:30 9/30] 企業IT
住信SBIネット銀行、ローン審査に日立の人工知能活用
[13:29 9/30] 企業IT
アジレント、新しいマイクロ波プラズマ原子発光分光分析装置を発表
[13:24 9/30] テクノロジー
[市川染五郎]人間国宝・片岡仁左衛門らと名古屋・金山でまねき上げ 大入り願う
[13:19 9/30] エンタメ