オープンソース3Dプリンタ「Prusa i3」の組み立て済み完成品が発売に

 

エイジアネットは19日、オープンソース3Dプリンタ「RepRap」のスタンダードクラスモデル「Prusa i3」の、組み立て済み完成品を発売すると発表した。同社のオンラインストアで同日より販売を開始し、価格は税込74,800円。既存の組み立てキットも税込み59,800円で販売中だ。

「Prusa i3」の組み立て済み完成品を発売

RepRapは、ハードウェア、ファームウェア、推奨制御ソフトウェアの全てがオープンソースの3Dプリンタ。今回の製品は、Prusa i3をベースとし、3Dプリンタ入門仕様としてノズルにJ-Head、コントローラーにArduino + Ramps 1.4を使用した完成品だ。ほか主な仕様は以下の通り。

造形方式 熱溶解積層法
造形サイズ 幅200×奥行200×高さ180mm
積層ピッチ 0.1mm
対応樹脂材料 PLA/ABS 1.75mm径
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

ASUS、Android Wearを搭載したスマートウオッチ「ASUS ZenWatch 3」を発表
[23:17 8/31] スマホとデジタル家電
Lian Li、電動昇降機能搭載のPCデスクに大型モデル
[23:05 8/31] パソコン
「働きマン」に「さくらん」も!安野モヨコの20年振り返る展覧会が明日から
[22:47 8/31] ホビー
JR西日本「ラ・マル しまなみ」岡山~尾道間観光列車、10・11月の5日間運行
[21:59 8/31] ホビー
「デジモン」新作アニメのコミカライズが、Vジャンと最強ジャンプで
[21:51 8/31] ホビー