オープンソース3Dプリンタ「Prusa i3」の組み立て済み完成品が発売に

 

エイジアネットは19日、オープンソース3Dプリンタ「RepRap」のスタンダードクラスモデル「Prusa i3」の、組み立て済み完成品を発売すると発表した。同社のオンラインストアで同日より販売を開始し、価格は税込74,800円。既存の組み立てキットも税込み59,800円で販売中だ。

「Prusa i3」の組み立て済み完成品を発売

RepRapは、ハードウェア、ファームウェア、推奨制御ソフトウェアの全てがオープンソースの3Dプリンタ。今回の製品は、Prusa i3をベースとし、3Dプリンタ入門仕様としてノズルにJ-Head、コントローラーにArduino + Ramps 1.4を使用した完成品だ。ほか主な仕様は以下の通り。

造形方式 熱溶解積層法
造形サイズ 幅200×奥行200×高さ180mm
積層ピッチ 0.1mm
対応樹脂材料 PLA/ABS 1.75mm径
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

[ハドソン川の奇跡]トム・ハンクス&アーロン・エッカートに聞く「みんなで力を合わせれば…」
[19:23 9/25] エンタメ
[アニメ1週間]「君の名は。」が興収100億円突破 水樹奈々が初の甲子園ライブ
[19:00 9/25] ホビー
Photokina 2016、タムロンブースで望遠ズーム新作「SP 150-600mm」を構える
[18:36 9/25] スマホとデジタル家電
ミュージカル「忍たま乱太郎」第8弾は5年生が主役!兵庫水軍と初忍務
[18:30 9/25] ホビー
[今週の新刊]10月アニメスタートの「3月のライオン」が登場 「狼と香辛料」「マイぼーる!」も
[18:30 9/25] ホビー