SAS、ビッグデータのストリーミングをリアルタイムで分析する製品

 

SAS Institute Japanは8月19日、ビッグデータのストリーミングをリアルタイムで分析して、意思決定の時間を削減する「SAS Event Stream Processing Engine」を国内で提供開始したと発表した。

同製品は、複合ストリーミング処理ソフトウェアの一種で、ハイスピードかつレイテンシーを最小限にしたストリーミング処理と、SASの分析技術を組み合わせたもの。

リアルタイムで発生したデータを即座に理解して、パターンの検出、イベントの評価、ビジネスの状況を把握し、事前に定義したフローによってイベントに応じたアクションを継続的かつ自動的に実行する。

また、イベント・ストリーム処理によって継続的に発生するイベントごとにデータ分析ができるため、これまで時間の経過により損失していたパターンの検出や価値を捕捉することが可能となる。

さらに、リアルタイムな意思決定をするための洗練されたイベント・ストリーム分析を提供するほか、複雑なロジックやプロセッシング・ロジックを処理する。

マシンデータ/センサーデータを収集するPI System(OSISoft)やAxeda Machine Streams、JMSなどに対応しており、処理したストリーミング・データはHadoop、「SAS LASR Analytic Server」やその他のデータベースに格納することができる。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事