マイクロソフト、問題が発生していない場合も更新プログラム削除を推奨

日本マイクロソフトは8月18日、 8月13日に公開した更新プログラムの適用により起動に失敗するなどの問題が発生する件について、問題が発生していないコンピューターでも、予防的処置のため、4つの更新プログラムをアンインストールすることを推奨すると発表した。

削除対象の更新プログラムは以下のとおり。

  • 2982791 [MS14-045] カーネル モード ドライバーのセキュリティ更新プログラムについて (2014年8月12日)

  • 2970228 Update to support the new currency symbol for the Russian ruble in Windows

  • 2975719 August 2014 update rollup for Windows RT 8.1, Windows 8.1, and Windows Server 2012 R2

  • 2975331 August 2014 update rollup for Windows RT, Windows 8, and Windows Server 2012

同日時点で、Windows Update/Microsoft Update/自動更新経由によるこれらの更新プログラムの配信は停止しているという。

また、これらの更新プログラムをインストールした後、問題が発生していないコンピューターにおいても、予防的処置のため、これらの更新プログラムをアンインストールすることを推奨するとしている。

アンインストールの方法は、コントロール パネルで、プログラムと機能の項目を開き、[インストールされた更新プログラムの表示] をクリックして、該当の更新プログラムを選択して実行すればよい。

Windowsの更新プログラムをアンインストールする画面の例

19日、サポート技術情報 2982791 「MS14-045: Description of the security update for kernel-mode drivers: August 12, 2014」の日本語版が更新され、復旧方法が公開された。

カーネル モード ドライバー用のセキュリティ更新プログラムの MS14-045: 説明: 2014年8月12日

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事