GmailでUnicode文字が混じった不審なメールを拒否する取り組み

 

米Googleは12日(現地時間)、GmailでUnicode文字が混じった不審なメールの受信を拒否する取り組みを開始した。Googleのセキュリティブログでは、例えば、「ShoppingSite」と「ShဝppingSite」、「MyBank」と「MyBɑnk」など、偽装された場合に読み手が誤読しやすい言葉の例が挙げられている。

今回の措置は、同社が先週5日(米国時間)に発表した、ドメインを含むGmailのアドレスで日本語などの非ラテン文字をサポートする方針と関連したもの。これら新機能が、スパマーや詐欺師により悪用されないための1ステップと説明している。

判定には、正統なドメインと紛らわしい文字列を判断するバランスが良いとして、Unicodeコンソーシアム標準規格のHighly Restrictedレベルを使用。同社は業界全体がこの取り組みに続いて欲しいとしている。

まぎらわしい文字の例(Googleセキュリティブログより)

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

モノのデザイン 第7回 ブランドの象徴「金のリング」を"再定義" - タムロン 一眼レフ用交換レンズ「SPシリーズ」(後編)
[09:40 7/26] 企業IT
【連載】プライベートクラウド検討者のための Azure Stack入門 [7] Azure Stackのアーキテクチャを見てみよう(その2)
[09:30 7/26] 企業IT
【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [32] パッケージ管理システムの使い方(Mac編:その1)
[09:30 7/26] 企業IT
【特別企画】中堅・中小企業も狙われる時代、押さえるべきセキュリティ対策4ポイント
[09:30 7/26] 企業IT
日本とアメリカの企業インターンシップにおける違い
[09:30 7/26] 経営・ビジネス