米Appleが社員構成データを公開、男性が70%

 

米国時間の12日に、米Appleが社員構成データを初めて公開した。テクノロジー企業は男性優位で、人口比率に対して黒人やヒスパニック系の社員が少なすぎると指摘されており、情報開示を求める声に応えた形だ。これまでにGoogle、Facebook、Yahoo!、Twitterなどが社員構成データを開示している。

全体(グローバル)の男女比率は、男性70%、女性30%。技術系職では男性が80%と多く、管理職も72%と男性の比率が高い。非技術系職は男性65%、女性35%だ。

米国における人種構成は、白人が55%、アジア系が15%、ヒスパニック系が11%、黒人が7%。技術系職においてもヒスパニック系が7%、黒人が6%と、これまでに社員構成データを公開したテクノロジー企業の中でヒスパニック系や黒人の比率が高い。

Tim Cook CEOは「このページの数字には満足していない。これ(多様性の問題への対応)は新たなものではなく、われわれはかなり以前から改善に取り組んできた」と述べている。テクノロジー企業や産業だけで解決できる問題ではなく、Appleは製品作りにおいて人々にチャンスをもたらすクリエイティブなツールの提供に努め、また経済的に困難な学校にテクノロジーを提供するConnectEDへの寄付、Human Rights CampaignやNational Center for Women & Information Technologyを支援して若い女性のテクノロジーや科学への関わりを促すなど、社会貢献を通じた改善にも力を注いでいる。

人気記事

一覧

新着記事

Cypress、同期整流制御を採用した車載LEDドライバを発表
[06:00 7/28] テクノロジー
木村祐一、オメデタ報告も松本人志が複雑な関係をチクリ「戦国武将みたい」
[06:00 7/28] エンタメ
松井秀喜"5打席連続敬遠"の裏側とは? 当事者の証言&読唇術で真相に迫る
[06:00 7/28] エンタメ
日本の製造業競争力、2016年時点で世界4位 - 2020年はどうなる?
[06:00 7/28] マネー
[福山雅治]主演映画主題歌でTOKYO NO.1 SOUL SETとタッグ 80年代ディスコをギターで
[04:00 7/28] エンタメ