大阪府堺市で「ゴルゴ13の世界展」--連載45年の歴史を展示

「ゴルゴ13の世界展」ポスタービジュアル

大阪府堺市は8月24日まで、堺市立文化館ギャラリーにて、「ゴルゴ13の世界展」を開催している。

リアルな世界観を解説

同展は、堺名誉大使の劇画家、さいとう・たかを氏が監修する全国初の企画展。45年間描かれてきた、貴重な原画作品などの展示物を通じ「ゴルゴ13」の秘密に迫る。

展示内容は以下の通り。

「ゴルゴ13シリーズの歴史」では、SPコミック全173巻を展示するとともに、貴重な原画・資料を展示公開。ゴルゴ13が使用している銃器展示【死神の道具】では、M16をはじめとする銃器11挺を、その使用したシーンと共に展示する。

世界マップ【 限りない狙点 】では、ゴルゴ13が活躍した場所を世界地図上にポイント。エピソードをとともに、劇画シーンをスライドショーで紹介する。ヒストリー【 暴かれる弾痕 】では、歴史上の事件等にゴルゴ13が絡んだシーンを年表風にして展示する。

ゴルゴ13セレクション【 Gの記憶 】では、シリーズのベストセレクションを、エピソード画像と合わせて紹介(8話)する。映像コーナー【 動く狙撃手 】では、過去に放送されたテレビアニメ映像4話を特別放映。また、ゴルゴ13の中でも有名な名セリフをフューチャーし、解説とともに紹介する。

また、制作者のさいとう・たかを氏に関する展示として、氏のアトリエを再現。堺市時代から現在に至るプロフィールを、その時代の代表作品画像や写真などを交えてパネル化するとともに、堺にまつわる展示として、火縄銃を持ったゴルゴ13の原画を特別出品。併せて本物の火縄銃も展示する。

アトリエも映像や大型パネルなどで紹介される。等身大のゴルゴ13フィギュアや、氏の代表作品を展示し、さいとう氏の堺市時代の思い出について「SAKAIへの想い」を収録・会場にて放映する。堺市時代のトピックスや堺市の写真等も公開する。

アトラクション・物販コーナーとしては、アーケードゲーム「ゴルゴ13」を特別出品。1990年に登場したアーケードゲームで、今回特別に体験が可能(有料)。また、劇画中のシーンから記念撮影可能な背景をセレクトし、用意しており、来場者は背景の前で記念撮影ができる。ポストカード、ポスター、マグカップ、ゴルフバッグ、モデルガンなどの関連商品も販売する。

会場は堺市立文化館ギャラリー。会期は8月5日~24日。開館時間は10時~18時(入館は17時30分まで)。入場料は一般・大学生当日券700円(税込)、小中学生・高校生当日券500円(税込)、小学生未満無料。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事