神田沙也加、天才型の母との違いに絶望した過去「私は訓練し努力しないと」

 

歌手で女優の神田沙也加が9日、日本テレビ系バラエティ番組『心ゆさぶれ!先輩ROCK YOU』(毎週土曜23:00~23:30)に出演し、母である歌手・松田聖子との違いに絶望した過去について語った。

母である松田聖子との違いを語った神田沙也加

『アナと雪の女王』のアナ役の声を務め大ブレイクした神田は、同映画の主題歌を担当した歌手のMay J.と共に番組に出演。自身の歌い方について「感情よりもシューティング」と表し、「感情が最初にこなくて、頭で計算して歌うタイプ。『この音を出す時は、上あごの真ん中らへんをねらおう』とか、頭蓋骨の中の的をねらって歌う」と説明した。

また、母である松田聖子は「天才型」だと言い、「いつでも正確に歌えて、発声せずに出ていってあれだけ歌えるのを見て、人間ってああいうふうにだれでも歌えると思ってた」とコメント。だが、14、15歳のころに「私はちゃんと訓練して努力しないとああいう風にはなれない」と感じ、「絶望した」という。続けて、「自分の声にコンプレックスもあるし、自分の歌にも自信がないので、人の何倍もやってそれでも人以下と思っているくらい。日々挫折です」と語った。

そして、芸能活動休止中に、和食料理店とダイニングバーでバイトをしていたことも明かし、「2階建てのダイニングバーで、2階を1人で回せるようになった」というほど本格的に働いたそう。当時芸能界に戻るつもりはなかったが、大好きな大地真央主演のミュージカルのオファーがあり、「これを逃したら大地真央さまと同じステージに立てる機会はないだろう」と思って復帰。その後の芸能活動について、オーディションに落ちた時の悔しさをバネに「次こそはとやっているうちに続いている」と話した。

写真で見るニュース

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

あの日あの時あのコンピュータ 第13回 「8ビット御三家」最終形への夜明け前(その2) - NEC「PC-8001」
[21:04 7/23] パソコン
『おそ松さん』よりひょこっとラバーストラップの第2弾が登場
[20:00 7/23] ホビー
みなさんメガネ男子は好きですか?『おそ松さん』が一番くじでメガネ姿を披露
[20:00 7/23] ホビー
[真田丸]片岡愛之助が吉継ゆかりの地・敦賀に 「愛されている」と実感
[19:55 7/23] エンタメ
[HKT48兒玉遥]初のソロ会見に「緊張」 天然発言も
[19:55 7/23] エンタメ

本音ランキング