"AQUA"ブランドを海外へ - 10月に「ハイアールアジア株式会社」設立

 

ハイアール アクア セールスが2014年6月に発表したAQUAブランドの洗濯機「AQW-VW1000C」

ハイアール アジア インターナショナル(HAI)は8日、調査研究・企画開発にかかわる事業を、会社分割によってハイアールアジアR&Dに承継させることを発表した。また、分割後のHAIはハイアール アクア セールス(HAS)に吸収合併されることも併せて発表した。いずれの効力発効日も2014年10月1日。なお、存続会社のHASは同日より「ハイアールアジア株式会社」と名称を変更する。

今回の会社分割および吸収合併は、グループ一体となった経営体制の構築と競争力強化が目的だとしている。日本およびASEAN地域を担当するHAIと、「AQUA」ブランドを日本国内で展開するHASのマーケティング部門とを統合することで、AQUAブランドを海外へ展開する体制を整える。HAIはこのたびの会社分割と吸収合併にて消滅することになる。

なお、HAIの調査研究・企画開発事業を引き継ぐハイアールアジアR&Dは、2014年7月24日に設立されたHASの完全子会社。HAIの研究部門をハイアールアジアR&Dに統合することで、日本国内のハイアールグループの研究部門が独立することになる。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

TVアニメ『ステラのまほう』、アニメキービジュアル&メインキャストを公開
[16:39 6/27] ホビー
iiyama PC、税別39,980円のM.2 SSD搭載15.6型ノートPC
[16:31 6/27] パソコン
NEDO、電力系統の安定運用に向け太陽光発電の遠隔出力制御システムを開発へ
[16:24 6/27] テクノロジー
[内田彩]「ラブライブ!」声優が初ツアーを完走
[16:18 6/27] ホビー
KDDI、バットマンモチーフの「Galaxy」7月4日予約開始 - 限定100台で14万円
[16:17 6/27] 携帯