Microsoft、Internet Explorerのサポートを最新版のみに - 2016年1月から

 

米Microsoftは8月7日(現地時間)、Webブラウザ「Internet Explorer (IE)」の利用者が、より安全で新しいWeb標準に対応する最新バージョンを使用するように、2016年1月12日からIEのサポートサイクルを変更すると発表した。Windows VistaならIE 9、Windows 8.1ならIE 11というように、WindowsおよびWindows Serverの各プラットフォームで使用できるIEの最新版のみにテクニカルサポートとセキュリティアップデートを提供する。

公式ブログで公開された記事「Stay up-to-date with Internet Explorer」によると、2016年1月12日時点で以下のようなWindowsプラットフォームとIEバージョンの組み合わせがサポートされる予定だ。

  • Windows Vista SP2:Internet Explorer 9
  • Windows 7 SP1:Internet Explorer 11
  • Windows 8.1:Internet Explorer 11
  • Windows Server 2008 SP2:Internet Explorer 9
  • Windows Server 2008 R2 SP2:Internet Explorer 11
  • Windows Server 2012:Internet Explorer 10
  • Windows Server 2012 R2:Internet Explorer 11

IEの最新版の使用を促す理由としてMicrosoftは「モダンなWeb標準への対応」「セキュリティ強化」「新しいWeb標準を活用したWebアプリによるプロダクティビティの向上」「次世代のテクノロジやプロダクティビティへの準備」などを挙げている。最新版の使用を強いるような変更になるが、一般のIEユーザーにとってIEユーザーの大部分が最新版を使用するようになるメリットは大きく、歓迎すべき変更と言える。意図せずアップデートサイクルから漏れてしまわないように、MicrosoftはWindowsの自動アップデートを活用するように呼びかけている。

一方で企業ユーザーの中には、古いIEに最適化したレガシーなWebアプリに依存しているケースが少なくない。MicrosoftはIE 11に後方互換モード「エンタープライズモード」を用意して、そうしたユーザーのモダンなWeb標準への対応を後押ししている。7日にIEのサポートサイクルの変更と合わせて、OSのライフサイクルの間はエンタープライズモードによるサポートを提供することを発表した。例えばWindows 7の場合、2020年1月14日までエンタープライズモードがサポートされる。「短期的には、後方互換によるレガシーWebアプリの使用が一時的ではあっても、コスト効率の良いソリューションになるだろう」(IE担当ディレクター、Roger Capriotti氏)。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

キヤノン、EOS 5D Mark IVの発売記念キャンペーン「POWER OF FIVE」
[08:30 8/26] スマホとデジタル家電
【特別企画】IoTとモビリティがもたらす「つながる」世界はいかにして実現されるか - ハードウェア開発者必見のPCB Systems Forum 2016が、9月8日(木)より開催
[08:30 8/26] テクノロジー
日産「GT-R NISMO」2017年モデル発売 - 日産車で最大のダウンフォース実現
[08:23 8/26] ホビー
[吉田羊]日本版「コールドケース」のポスタービジュアル公開
[08:00 8/26] エンタメ
『デジモンtri.』、第3章ED曲「僕にとって」ジャケ写公開! 『02』一挙放送
[08:00 8/26] ホビー