アンデルセン、冷やしてパンにのせて食べるマンゴーのフルーツジュレを発売

アンデルセンはこのほど、冷やしてパンにのせて楽しむ「パンを楽しむフルーツジュレ(マンゴー)」を、同社のプライベートブランド「ヒュッゲ」のアイテムに加え、全国の直営ベーカリー「アンデルセン」で発売した。

パンに乗せて食べるだけではなく、そのまま食べてもおいしい(イメージ)

プライベートブランド「ヒュッゲ」は、パンを楽しむために開発したこだわりのアイテム。食欲が落ちる暑い夏の朝食に、おいしく健康的にパンを食べてほしいという思いから、"冷たくひやして、パンにぬっておいしい、ジャムやフルーツ感覚で食べられるゼリーのような商品"を開発した。

同商品は、マンゴーをたっぷり使用した素材感のあるジュレ。マンゴーの王様とも称されるアルフォンソマンゴーをピューレ状にし、角切りにしたギャウ種マンゴーを加えた。パンのほか、ヨーグルトと合わせて食べることや冷やしてそのままデザートとして楽しむこともできる。価格は594円(税込)。

販売は、9月30日までの期間限定となる。なくなり次第終了。全国のアンデルセン69店舗(伊勢丹新宿本店、上野店、東松山店、大阪空港店を除く)で販売している。

人気記事

一覧

2016年12月8日の運勢

イチオシ記事

新着記事