『るろ剣』、『GODZILLA』を抑えて1位! 今年の邦画実写でNo.1の好スタート

 

佐藤健が主演を務める映画『るろうに剣心 京都大火編』が1日から全国439スクリーンで公開をスタートし、土日2日間で観客動員数43万3,346人、興行収入5億9,223万円を記録したことが4日、明らかになった。

映画『るろうに剣心 京都大火編』で主人公・緋村剣心を演じる佐藤健

同作は、『GODZILLA』(2週目)、『思い出のマーニー』(3週目)、『マレフィセント』(5週目)を抑え、初登場で1位を獲得。土日2日間の成績は、今年公開された日本映画の実写作品でナンバー1となった。また、1日からの公開3日間の興行成績はすでに8億2,000万円を突破している。

公開初日となった8月1日は映画サービスデーとも重なり、平日にも関わらず夏休みの中高生から30~40代の男女まで、幅広い年齢層が来場。初日だけで21万1,740人を動員、興行収入2億3,049万9,400円を記録した。さらに、1日夜に日本テレビ系『金曜ロードSHOW!』で放送された1作目『るろうに剣心』も平均視聴率16.3%、瞬間最高視聴率21.3%を記録し、好スタートの後押しとなった。

そのほか、興行収入に占めるローカルの比率が73%を超えるなど、都心部に偏らずローカルでも高いシェアをたたき出している。客層も10代女子のグループから家族連れまで幅広く、インターネット上でのレビューの評価も上々。制作サイドは「興行収入40億円も視野に入った」とコメントしている。

6日には佐藤健、武井咲、青木崇高、大友啓史監督がフィリピン入りし、日本映画では初となるアジアプレミアを開催。帰国後の9日から10日には、全国10都市で12回の舞台あいさつを行う「大ヒット御礼舞台あいさつツアー」を開催することも決定している。

シリーズ第2弾となる本作は、漫画家・和月伸宏氏の『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』を原作に、「京都大火編」(8月1日公開)と「伝説の最期編」(9月13日公開)の2部作で描かれる物語。佐藤が主人公・緋村剣心を演じ、2012年夏に公開された実写映画第1弾の前作『るろうに剣心』は、興行収入30.1億円を超えるヒットを記録。世界64カ国で配給、国際映画祭31カ所出品と海外でも話題になった。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事