三井住友海上、企業のメンタルヘルス対策支援--ストレス検査体験サービス提供

 

MS&ADインシュアランスグループの三井住友海上火災保険ならびに保健同人社はこのたび、企業の顧客を対象に、従業員のメンタルヘルス対策のためのストレス検査を体験できる「ストレスマネジメント検査"Co-Labo(コラボ)"トライアルサービス」の無料提供を開始した。

6月の改正労働安全衛生法の成立を受けて、2015年10月には、従業員50名以上の企業に従業員のストレス検査が義務化されるため、企業は短期間でチェック体制を整える必要がある。Co-Laboとは、保健同人社とヒューマネージが共同で提供するストレス検査ツール。

同サービスは、企業の経営者や人事・労務部門の方々に、ストレス検査の「検査内容」「結果のフィードバック」などの一連の流れを体験してもらい、来るべき義務化に備えてもらうことを目的としている。なお、同社の契約者以外の人でも利用できる。

今後も、顧客のニーズに応える商品・サービスの提供に努めていくとしている。

「ストレス検査トライアルサービス」の概要

  • 対象:従業員100名以上の企業の経営者、人事・労務部門の人(最大10名まで)

  • 開始時期:7月から

  • 費用:無料

  • 特長:同サービスには以下の4つの特長がある

(1)ストレス検査の一連の流れを無料で体験できる

(2)検査結果は、数値やグラフを使った分かりやすい内容でフィードバックされる

(3)ストレス原因への対処方法もフィードバックされるため、ストレスとの付き合い方の理解が深まる

(4)全社員への実施も可能(有料)

近年、メンタルヘルス不調による労災請求・認定件数は年々増加。休職者の増加やそれに伴う人手不足は、企業にとっても大きな経営リスクに繋がる。さらに、今年6月の労働安全衛生法の改正により、従業員50名以上の企業は従業員のストレス検査を義務付けられることとなり、これまで以上に対策の必要性が高まっている。しかしながら、実際にストレス検査を導入している企業はわずかで、検査方法や検査後の対応に苦慮しているケースも多くみられることから、チェック体制の構築に役立てもらうべく、同サービスを開始したとしている。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事