JR東海、中央本線坂下~野尻間は8/6運転再開へ - 最終的な再開日は8/4発表

 

JR東海は31日、現在運転見合わせとなっている中央本線坂下~野尻間の運転再開見込みについて発表した。

中央本線経由のL特急「(ワイドビュー)しなの」

同区間は7月9日の大雨で被災。南木曽町梨子沢で発生した大規模な土石流により、梨沢橋りょう(南木曽~十二兼間)の橋桁が流されたほか、電車線や信号通信関係のケーブルが断線するなどの被害が生じた。この影響で、中央本線経由のL特急「(ワイドビュー)しなの」はすべて運休に。坂下~野尻間は終日運転見合わせとなり、7月14日からバス代行輸送を実施していた。

JR東海によれば、被災した区間において、「線路内の土砂や岩石などの撤去を進め、橋桁の取り付け、レールや電車線の敷設、信号通信ケーブルなどの復旧作業」を進めているとのこと。8月6日の運転再開をめざしているが、最終的な運転再開日については、「台風などの状況を踏まえ、8月4日に改めて、PC版、スマートフォン版トップページのニュースリリースなどでお知らせします」と発表した。

あわせてL特急「(ワイドビュー)しなの」の特急券をはじめ、これまで発売を中止していた乗車券類の発売時期についても、8月4日に知らせるとしている。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事