これから学ぶ人におすすめのプログラミング言語 - Swift、Erlangほか

Dice is the leading career site for technology and engineering professionals

7月29日(米国時間)、Diceに掲載された記事「5 Programming Languages You’ll Need Next Year (and Beyond) - Dice News」が、次の1年または数年で仕事で活用できる5つのプログラミング言語について伝えた。静的か動的か、関数型かどうか、ガベージコレクションの意味、仮想マシンの動作など、プログラミング言語を特徴付けるいくつかのキーワードの説明があった後、職を得たいのであれば次のプログラミング言語を学ぶのがよいと説明している。

  • JavaScript/HTML5/CSS3
  • C#
  • Java
  • PHP
  • Swift

リストアップされた5つのプログラミング言語はTIOBE PCIやPYPLなどでも常に上位にランクインしている。SwiftはAppleが発表した新しいプログラミング言語。iOSアプリの開発などで今後需要が伸びるとみられている。

記事では追加でErlangもピックアップしている。Erlangが仕事で必要とされるまでにはもう数年以上待つことになるだろうとしつつ、学習が容易で並列処理を簡単に記述できるErlangは今後需要が増えるだろうと指摘している。記事の最後では、どの技術を選択するにせよ、常に学習を続けその技術を習得することを推奨している。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事