ヤフー、クラウド型DMS提供のトレジャーデータと業務提携

ヤフーとトレジャーデータは7月25日、法人向けビッグデータビジネス領域で業務提携すると発表した。

この業務提携は、ヤフーが昨年より展開しているビッグデータ活用を核としたマーケティングソリューション事業の取り組みのひとつ。トレジャーデータの技術を採用するにいたった理由として、データマネージメントにおける高い実績を挙げている。

両社は、企業のビッグデータを収集・保管して短時間の分析が可能なクラウド型のビッグデータ分析基盤ソリューション「Yahoo!ビッグデータインサイト」を提供する。

同ソリューションは、トレジャーデータのクラウド型DMS「トレジャーデータサービス」を用いており、容易にデータを分析できる。

インフラの運用管理を事業者側が行うマネージドサービスであるため、データ分析の専門家だけでなく、マーケティング担当者が活用しやすくなる。なお、同ソリューションは、月額定額制で提供する予定で、IDCフロンティアのクラウドコンピューティングとクラウドストレージを利用する。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事