Apple、「OS X Yosemite」のパブリックベータ版の提供を開始

 

今秋に最終版がリリースされる予定の次期Mac用OS「OS X Yosemite」の一般向けベータ版の提供が始まった。これは先着100万人に限定したパブリックベータブログラムで、登録者は「OS X Beta Program」のページでサインインすると、Mac App StoreからOS X Yosemiteベータ版を導入するための引き換えコードを入手できる。

Appleが開発段階のMac用OSのフィードバックを一般ユーザーから集めるのは、2000年のMac OS Xプレビュー以来。Mac OS X 10.0 Cheetahのリリースからこれまで、ベータ版へのアクセスをMac Developer Programに参加する開発者に限定していたが、ユーザーインターフェイスが大幅に変わったOS X Yosemiteではパブリックベータプログラムも用意した。

パブリックベータ版は開発者向けベータ版と同様に不具合が起きる可能性がある。AppleはTime Machineなどを利用してバックアップを作成し、仕事などに使っているMacを避けてサブマシンにインストールするように呼びかけている。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

[君の名は。]世界85の国・地域で配給 神木隆之介「レッドカーペット歩きたい」
[15:20 8/28] ホビー
[吹石一恵]第1子を妊娠 福山雅治がパパに
[15:02 8/28] エンタメ
Wi-Fiを使って近くのユーザーのキーボード入力を盗み取る技術とは?
[15:00 8/28] 企業IT
[杉本有美]「水着は卒業」 グラビア集大成の最新写真集で見納め
[14:48 8/28] エンタメ
[福原遥]卒業後は進学せず芸能活動に専念 写真集は「泡風呂恥ずかしい…」
[14:10 8/28] エンタメ