Apple、「OS X Yosemite」のパブリックベータ版の提供を開始

 

今秋に最終版がリリースされる予定の次期Mac用OS「OS X Yosemite」の一般向けベータ版の提供が始まった。これは先着100万人に限定したパブリックベータブログラムで、登録者は「OS X Beta Program」のページでサインインすると、Mac App StoreからOS X Yosemiteベータ版を導入するための引き換えコードを入手できる。

Appleが開発段階のMac用OSのフィードバックを一般ユーザーから集めるのは、2000年のMac OS Xプレビュー以来。Mac OS X 10.0 Cheetahのリリースからこれまで、ベータ版へのアクセスをMac Developer Programに参加する開発者に限定していたが、ユーザーインターフェイスが大幅に変わったOS X Yosemiteではパブリックベータプログラムも用意した。

パブリックベータ版は開発者向けベータ版と同様に不具合が起きる可能性がある。AppleはTime Machineなどを利用してバックアップを作成し、仕事などに使っているMacを避けてサブマシンにインストールするように呼びかけている。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

[ファインディング・ドリー]スタントン&マクレーン両監督に聞く 「続編は作らない」が覆った理由
[19:13 7/24] エンタメ
[アニメ1週間]庵野監督が「エヴァ」新作の遅れを謝罪 「遊☆戯☆王」が4DXに
[19:00 7/24] ホビー
『ペット』主役犬に思い寄せるポメラニアンの写真公開! ツンデレ受け答えも
[19:00 7/24] エンタメ
[今週の新刊]「ハイスコアガール」が2年7カ月ぶりに登場 「NEW GAME!」「土竜の唄」も
[18:30 7/24] ホビー
[鈴木亮平]“大先輩”井上真央のいじりにタジタジ 「Sっ気ある」「下に見られている…」
[18:26 7/24] ホビー