Shareで「進撃の巨人」を違法にアップロードした男性を送致

コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)は7月24日、石川県警生活環境課と大聖寺署がファイル共有ソフト「Share」を使用してコミック作品を権利者に無断でアップロードし送信できる状態にしていた石川県の男性(35歳)を著作権法違反の疑いで7月18日に金沢地検小松支部に送致したことを発表した。

発表によると、この男性は、2013年12月20日に、講談社のコミック作品『期間限定特典付き「進撃の巨人」第10巻』をShareを使用して権利者に無断でアップロード。不特定多数のインターネットユーザーに対して送信できるようにし、著作権(公衆送信権)を侵害した疑いが持たれている。

男性は警察の調べに対して「Shareでファイルを入手したので、他のユーザーにも提供したいと思った」などと犯行を認めているという。また、著作権法違反容疑に加え、わいせつ電磁的記録記録媒体陳列容疑でも送致されている。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事