佐藤健が4,000人に伝えた"るろ剣と役者生命"「ケガや失明の恐怖あった」

 

俳優の佐藤健、藤原竜也、女優の武井咲らが23日、東京国際フォーラムで開催された映画『るろうに剣心 京都大火編』(8月1日公開)のプレミア試写会に出席し、上映前に舞台あいさつを行った。

過酷な撮影を振り返った佐藤健

この日は3人をはじめ、同作のイベントとしては最多となる総勢10人が出席(伊勢谷友介、青木崇高、神木隆之介、土屋太鳳、高橋メアリージュン、江口洋介、大友啓史監督)。約4,000人の観客が大歓声を上げる中、佐藤らは客席通路を通り、人波をかき分けながらステージへと上がった。あまりの熱烈な歓迎ムードに佐藤は「みんな激しすぎですよ!」とツッコミ。「息も切れてるし、服も乱れちゃって」と言いつつ、「集まっていただいてありがとうございます」と試写を待ち望んでいたファンに感謝した。

先月5日に六本木ヒルズアリーナで行われた完成披露イベントでは、「みんな死なずに生き残れるのだろうかという不安と戦っていた」という言葉を残していた佐藤。「大きなケガや失明などの恐怖は常にあった」と危険と隣り合わせの撮影だったことを振り返り、「"役者生命をかけて"というのは決しておおげさな言葉じゃないと思います」と表現。「クランクアップを知った時は本当にうれしかったです。完成した映画を観た時はさらにうれしかったです。そして、今日この映画を皆さんに観ていただくことはさらにうれしいです」と語り、「こんな経験をさせてくださったすべての方々に感謝します」と思いの丈を伝えた。

また、スペシャルゲストとして会場を沸かせたのが、熊本の人気ゆるキャラ・くまモン。同作のロケが熊本で行われたことなどからエイプリルフール企画のポスターに起用され、佐藤から緋村剣心の役を奪い取ったことも話題になった。この日も剣心風の衣装で登場すると、華麗な抜刀術を披露…のはずがうまく鞘に納められずに佐藤がサポート。司会者から「主役を奪われて未練ありますかね?」と聞かれると、隣の佐藤を通じて「次はぜひ僕、主役やりたいモン」と返答していた。

原作は、漫画家・和月伸宏氏の『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』。佐藤が主演を務め、2012年夏に公開された実写映画第1弾の前作『るろうに剣心』は、興行収入30.1億円を超えるヒットを記録した。第2弾となる今作は「京都大火編」(8月1日公開)と「伝説の最期編」(9月13日公開)の2部作で描かれ、原作ファンの間で最も人気の高い「京都編」をベースに、日本制圧を目論む新たな敵が待ち受ける京都が舞台となっている。

左から大友啓史監督、江口洋介、青木崇高、武井咲、佐藤健、藤原竜也、伊勢谷友介、神木隆之介、土屋太鳳、高橋メアリージュン

写真で見るニュース

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

ソニー、「α6000」「RX100 IV」などを買うと最大1万円キャッシュバック
[19:49 8/30] スマホとデジタル家電
南鳥島沖に広大なマンガン団塊密集域JAMSTECなどが発見
[19:26 8/30] テクノロジー
「美・皇潤」を配合したミクソロジーカクテルが楽しめるBARがオープン
[19:14 8/30] ヘルスケア
トヨタ「プロボックス」「サクシード」に衝突回避支援パッケージを標準装備
[19:09 8/30] ホビー
EIZO、最大16台のIPカメラ映像を表示できる46型液晶ディスプレイ
[19:05 8/30] パソコン

本音ランキング