神奈川県・横浜赤レンガ倉庫他でデザイナーが手がけたご当地グッズを発売

ヨコハマ創造都市センター(YCC)は、横浜市・関内駅付近の「関内外地区」へのアーティスト・クリエーター集積に関する取り組みの一環として、グラフィックデザイナーが地元企業と連携して開発した新商品5種類を発売する。発売日は8月1日。価格は、「横濱ナポリタン」が369円、「ヨコハマドロップ」が320円、「うちわ「浜風」」が286円、マスキングテープ「ヨコハマークス」と「ヨコハマさん」が300円(すべて税別)。

横濱ナポリタン

ヨコハマドロップ

マスキングテープ「ヨコハマークス」

今回発売された商品群は、横浜発祥のナポリタンをパッケージ化した「横濱ナポリタン」(横濱屋本舗)、缶を並べると男の子と女の子が出会う絵柄となっている「ヨコハマドロップ」(エクスポート)、横浜をイメージしたオリジナルフォント「濱明朝体(仮)」を採用したうちわ「浜風」(エクスポート)、横浜をテーマに柄がデザインされたマスキングテープ「ヨコハマークス」および「ヨコハマさん」(光画コミュニケーション・プロダクツ)といった全5種類となっている。

また、「横濱ナポリタン」と「ヨコハマドロップ」は天野和俊氏(天野和俊デザイン事務所)、うちわ「浜風」はフォント開発者でもある両見英世氏(タイププロジェクト)、マスキングテープ「ヨコハマークス」は磯部有規氏(cell division)、マスキングテープ「ヨコハマさん」は加藤朋子氏(共同アトリエ/Tomoko Kato Illustration Atelier)がデザインを担当。企業のマッチングによるデザインコンペを行い、専門家による審査会でデザインを決定したとのことだ。

なお、同商品群の販売場所は8月1日より開催されるアートイベント「ヨコハマトリエンナーレ2014 」の「新港ピア オフィシャルショップ(仮称)」、ヨコハマ創造都市センター、横浜ランドマークタワー 69Fタワーショップ、横浜赤レンガ倉庫1号館赤レンガ デポ、大さん橋エクスポート、横浜マリンタワー 2Fショップ、横浜人形の家 ミュージアムショップ、神奈川県立歴史博物館 ミュージアムショップ、市内文化施設など。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事