Apple、今年もロンドンで音楽フェス「iTunes Festival」開催、30日連続

 

Appleは7月21日、同社が主催する音楽フェスティバル「iTunes Festival」を今年もロンドンで9月に開催することを発表した。

iTunes Festivalは今年初めて春・秋開催になり、春は3月に音楽/映画/ITのコンベンション「SXSW 2014 (テキサス州オースチン)」で5日間にわたって行われた。ロンドンでの開催は今年で8回目。昨年と同様にカムデンタウンにある歴史的ライブスポットRoundhouseで、30日間連続で豪華アーティストによるライブパフォーマンスが繰り広げられる。21日時点で、以下のようなアーティストの出演が決定している。

Maroon 5、Pharrell Williams、Beck、Sam Smith、Kylie Minogue、David Guetta、5 Seconds of Summer、Calvin Harris、Blondie、Chrissie Hynde、Kasabian、Robert Plant

チケットは抽選で配布されるが、現地で参加できなくても、iPhoneやiPad、iPod touchなどのiOSデバイス、パソコンのiTunes、もしくはApple TVを使って、イベントをライブまたはオンデマンドで視聴できる。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

網屋と富士通、ベトナム市場にてサーバアクセスログ管理ツールの販売開始
[17:02 8/25] 企業IT
大ヒット映画『シン・ゴジラ』の”女性限定鑑賞会議”とは?
[17:00 8/25] エンタメ
Dialog、TSMC 650V GaN on Siプロセスを採用したパワー半導体を発表
[16:56 8/25] テクノロジー
iCloudの空きが減ってきたときは「ダイエット」で対応!
[16:51 8/25] スマホとデジタル家電
【特別企画】スマホに特化したマンガコンテンツ – タテコミの魅力とは?
[16:48 8/25] エンタメ