「リボ払い」をやめる方法 「カードローン」で一括返済しよう

1. リボ払い=借金
ちょっと高額な買い物や続けて買い物をしたとき「クレジットカードのリボ払い」にすると少々手数料はかかるけど支払が分割払いになって便利と思っていませんか。リボ払いはクレジットカードの便利な機能の一つと思っている方は要注意です。

リボ払いとはカード会社に対する借金を毎月返済することと同じです。借金ですから金利を支払わなければなりません。そうです。リボ払い手数料が金利ということです。手数料率、実質年率などと書かれているのが借入利率になります。

この借入利率である「手数料率」はカード会社によって多少異なりますが、現在15%程度が一般的です。借入利率15%の住宅ローンがあったら、元金が2,000万円の場合利息は年300万円にもなります。(元金の返済が0とした場合)とても返済できないということが直観的にわかると思います。


2. リボ払いのやめ方
リボ払いは毎月ほぼ一定額の支払で次々と自分の消費の欲求を満たすことができてしまうため、家計によくないとわかっていてもなかなかやめられない方も多いのではないでしょうか。

リボ払いをやめたいと思う方はリボ払いは金利の高い借金であることを強く意識するために現在の残高の金額をカードローンで借りて、リボ払いを一括返済してみてはいかがでしょうか。あとはカードローンの残高を金利を払いながら返済していくことになります。

これで「リボ払い」という便利な分割払いではなくなり、「カードローン」というれっきとした借金になります。「手数料」も「金利」になりますから一層借金であることを意識できます

新たな買い物をしてリボ払いにしたいときはもちろんカードローンで借り入れをしたうえで現金払いをすることになります。借金に抵抗があれば借金してまで買い物をすることはやめられるのではないでしょうか。


3. 「カードローン」にすることのもう一つのメリット
カードローンにすることのもう一つのメリットとして金利の支払を少なくすることができる可能性があることがあります。リボ払いの手数料率はほぼ15%で一定ですが、カードローンの借入利率はこれより低い利率にしている会社もあります。借金をするなら少しでも低い利率の会社を探してください。

カードローンの新規の申し込みには審査が必要になり借入額、与信状況などによって適用される利率が変わってきます。カードローンへの切り替えはご自分の適用利率を調べたうえで検討してください。(執筆者:犬山 忠宏)


本記事は「マネーの達人」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事