木嶋のりこ、初フルヌード作の初日満員に感激「心がすごく強くなった」

 

グラビアアイドルの木嶋のりこ、吉住はるな、間宮夕貴らが19日、東京・池袋の池袋シネマ・ロサで行われた映画『ちょっとかわいいアイアンメイデン』の初日舞台あいさつに出席した。

映画『ちょっとかわいいアイアンメイデン』で主演を務めた木嶋のりこ

本作は、漫画雑誌『ヤングエース』(角川書店)で連載中の同名漫画を原作に、名門女子高に公認で存在する秘密の部活「拷問部」を舞台に描かれる物語。拷問部ではスパイ養成を目的として日々肉体と精神の鍛錬が行われ、木嶋演じる主人公・結月(ゆづき)は入学早々にこの拷問部に入部させられてしまい、戸惑いながらも憧れの先輩・碧生(吉住はるな)の指導によって拷問の世界にのめり込んでいく。恋愛厳禁の掟の中で鍛錬に励んでいたが、結月は碧生に恋焦がれ、碧生は自身の性癖を隠しながらやがてその掟を破ってしまう。

グラビアアイドルとしてデビューしてから今年で10年目を迎えた26歳の木嶋。「人生で初めて出会いました」という今回の役で、初のフルヌードに挑戦した。この回のチケットは完売。登壇した木嶋は満員の客席を前にうれしそうな表情を浮かべ、「私のフルヌードデビューした映画を皆さんに見ていただけて、皆さんと一緒に新しい"初めて"を共有できることをとても幸せに思っています」とあいさつ。客席からの拍手に深々と頭を下げた。

「覚悟を決めて最後までやりきろうと思って臨んだ」という木嶋だが、「いざ内容を見たらそれどころじゃなかった」と当時の戸惑いを振り返る。ムチや縄をはじめ、さまざまな拷問器具を使った過激な演出も見どころも本作。「生身で四方八方に開かれてどこまで見せるんだというくらいにありのままをすべて見せた作品になりました」と内容を伝え、「逆にここまでやってしまえば今後何が来ても怖くないなと思いまして、心がすごく強くなりました」と胸を張った。

この日は、主演の木嶋のほか、共演陣の吉住はるな、間宮夕貴、矢野未夏、葉山レイコ、内田春菊、メガホンをとった吉田浩太監督が出席。司会者からの「今日の出席者で一番拷問をしてみたい人は?」の質問に木嶋が指名したのは葉山で、心の準備をしていなかった様子の葉山は「えっ!」と驚いていた。一方、間宮、葉山、内田の3人から指名を受け、1番人気だったのが吉田監督。内田からの「絶対いい声出すと思う」という鋭い分析に、マイクを向けられた吉田監督は「あっ…」と声を漏らし、会場の笑いを誘った。

左から矢野未夏、吉住はるな、木嶋のりこ、間宮夕貴

(C)2014KADOKAWA

写真で見るニュース

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

TVアニメ『響け!ユーフォニアム2』、10月放送開始! 新ビジュアルを公開
[16:55 7/29] ホビー
デル、直販サイトで「Surface Pro 4」を販売開始
[16:55 7/29] パソコン
スバル新型「インプレッサ」のプロトタイプを「AUTOMOBILE COUNCIL」に出展
[16:27 7/29] ホビー
VR視聴&配信アプリ「dTV VR」 - 音楽のVRコンテンツを楽しめる
[16:17 7/29] スマホとデジタル家電
【特別企画】完全食「COMP」は現代人の福音となるか? 開発者 鈴木優太×メディアアーティスト 落合陽一対談
[16:17 7/29] ヘルスケア

本音ランキング