Chrome 37、Windowsのフォントレンダリングが高速/綺麗に

Google Chrome runs web pages and applications with lightning speed.

Google Chromeチームは7月17日(米国時間)、「Chromium Blog: Chrome 37 Beta: DirectWrite on Windows and the <dialog> element」において、Google Chrome 37からWindowsにおいてフォントレンダリングにDirectWriteを利用すると伝えた。結果、Windowsプラットフォームにおいて特にDPI値の高いモニタにおいて描画されるフォントが従来よりも綺麗になるほか、レンダリング速度の高速化も期待できる。

Google ChromeではこれまでフォントのレンダリングにGraphics Device Interface (GDI)を採用してきた。これはだいぶ古いAPIで、処理が遅く、描画されるフォントも最近のマシン、特にタブレットデバイスのスクリーンでは満足なレンダリングができない状態だった。今回、Google ChromeがDirectWriteを利用するようになったことでこうしたフォントの問題が解決することになる。

Chrome 37 Beta: DirectWrite on Windows and the

elementより抜粋

Google ChromeのフォントレンダリングをGraphics Device InterfaceからDirectWriteへ変更して欲しいという要望はユーザから強くでていたが、内部構造を大きく変更する必要があることから対応が遅れていた。今回DirectWriteに対応したことで、長きにわたってユーザが求めていたことが実現したことになる。

関連キーワード


転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

求人情報