小松菜奈、中学以来の浴衣姿で登場「当時はビショビショで花火を見た…」

  [2014/07/16]

映画『渇き。』の「浴衣 de 舞台あいさつ」が15日、東京・室町のTOHOシネマズ 日本橋で行われ、小松菜奈、清水尋也、森川葵、高杉真宙が出席した。

映画『渇き。』の「浴衣 de 舞台あいさつ」に浴衣姿で登壇した小松菜奈

『告白』を手掛けた中島哲也監督の最新作となる本作は、深町秋生のデビュー作となる小説『果てしなき渇き』を映画化。役所広司が扮した破格のテンションで狂気を宿して暴走する元刑事の藤島が、失踪した娘の加奈子を探し出すというストーリー。役所と小松以外にも、妻夫木聡、二階堂ふみ、橋本愛、オダギリジョー、中谷美紀といった豪華キャストが出演している。

この日は本作に出演しているヒロインの小松菜奈を筆頭に、10代のキャスト陣が浴衣姿で舞台あいさつ。中学時代以来となる浴衣姿に小松は「浴衣は撮影ではよく着たんですが、プライベートでは中学校の時の夏祭りに行った以来です。その時はルンルン気分でしたが、土砂降りになってビショビショになり、その姿で花火を見ました」と思い出を語り、、歳の近い演者との舞台あいさつに「地方の舞台あいさつも1人で10回ぐらい行きました。今日は同世代の方が一緒なので、新鮮でうれしいです」と笑顔。そんな彼女にモデル仲間で同じ事務所の森川葵は「小松菜奈が1人で頑張っている姿を見ていたので、小松と一緒に頑張ろうと思って今日来ました」と心強いコメントで小松を喜ばせた。

その森川は、劇中での小松について「すごく惹かれました。本当に小松菜奈が持っているもの全てがよくて、加奈子と小松が被っていました。ですから私も自分なのか長野なのか分からず演じていました」と大絶賛。森川のコメントに思わず顔が緩んだ小松も「プライベートでもすごく仲が良いので、一緒にお仕事ができてすごく変な感じがしましたし、恥ずかしいと言っていました。(長野の)ヤク中の感じがすごく出ていて、動揺感が魅力でしたね」と褒め称えていた。

写真で見るニュース

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

最も満足度の高いドラマ脚本家は古沢良太氏 -『リーガルハイ』『デート』
[09:00 5/31] エンタメ
【レポート】「こんなシステムは使いたくない」 - すべてはそこから始まった
[09:00 5/31] 企業IT
NTT、AI関連技術「corevo」のコラボレーションを展開
[08:30 5/31] 企業IT
台湾の2大半導体後工程受託メーカーが経営統合
[08:30 5/31] テクノロジー
中居正広、整形繰り返すKABA.ちゃんに忠告「どっかでやめないと」
[08:13 5/31] エンタメ

本音ランキング