LINE、「PINコード」認証追加で乗っ取り犯に対抗 - 7月17日より開始

LINEは15日、多発している不正ログイン(アカウント乗っ取り)対策の強化として、スマートフォン版LINEアプリにおいて、「PINコード」による本人確認を追加することを発表した。「PINコード」設定・入力機能は、7月17日15時より公開予定となっている。

「PINコード」による本人確認を追加

現在、「リスト型攻撃」と呼ばれる手法を使ったアカウント乗っ取りや不正ログインが横行しており、「LINE」でもそうした被害が数多く報告されている。同社では不正ログイン対策として、パスワードの変更をユーザーに呼びかけているほか、PC版の「LINE」にはログイン時に「認証番号」を入力する手順を追加している。

スマートフォン版「LINE」に追加される「PINコード」は、本人確認のための4桁の暗証番号。設定すると、電話番号の違うスマートフォンからログインする際に必要になる。メールアドレスとパスワードの組み合わせに加え、「PINコード」を設定することでよりセキュリティが強化され、第三者からの不正ログインを受けにくくなる。なお、機種変更で電話番号が変わる場合は、事前に設定が必要となる。

「PIN」コード設定の手順

「PINコード」は、スマートフォン版LINEアプリの「その他」の項目から設定することができる。なお、同社は4桁の番号を設定する際に「1111」や「1234」、「誕生日」など安易な数字は避けるよう呼びかけている。

(記事提供: AndroWire編集部)

人気記事

一覧

新着記事