理研、小保方氏のSTAP細胞検証用実験室をWeb上で公開

 

理化学研究所(理研)は7月15日、7月1日より小保方晴子研究ユニットリーダーが行っているSTAP現象の検証実験に用いられる実験室を理研のWebサイト上で公開した。

小保方氏は7月1日より11月末までの期間限定ながら、STAP現象の検証実験に参加しており、現在、その準備を進めている段階にある。

今回公開された実験室は、理研 発生・再生科学総合研究センター(理研CDB)内に設置されており、広さ約25m2で、インキュベーター(細胞培養器)やクリーンベンチなどが設置されている。また、2台のカメラが24時間監視を行っているほか、IDカードによる入退室の管理も実施して、人の出入りを監視している。

なお、小保方氏が実験を行う際には、研究不正再発防止改革推進本部が指名した立会人のもとで行うこととなっている。

理研が公開した実験室の様子(左)と、見取り図(右)

関連記事

STAP現象の検証実験に小保方氏が参加 - 新たな疑義についての調査も開始
[2014/7/1]
「Nature」のSTAP細胞論文取り下げを受け、理研が小保方氏のコメントを公開
[2014/7/4]
NatureのSTAP細胞関連論文取り下げ - 理研の各研究者たちがコメントを発表
[2014/7/4]
研究不正の再発防止にはCDB解体など抜本的な改革が必要 - 理研改革委員会
[2014/6/12]
STAP論文の疑義に対する不服申し立てによる再調査は実施せず - 理研
[2014/5/8]
STAP問題調査委員長の石井氏が辞任 - 理研が論文不正の疑義の調査を開始
[2014/4/25]
理研の笹井氏が会見 - STAP論文にかかる8つの疑問を説明
[2014/4/17]
論文の調査は不十分なものだった - 小保方氏が不服申し立てについて会見
[2014/4/9]
データの正当性/正確性を見抜けなかったことに自責の念 -若山氏がコメント
[2014/4/2]
まとめた形での回答と解説を用意することも検討 - 笹井氏がコメント
[2014/4/2]
STAP細胞の論文の一部に改ざんとねつ造を確認 - 理研調査委員会が最終報告
[2014/4/2]
1年をめどにSTAP現象の検証を実施 - 理研がSTAP問題の今後を説明
[2014/4/2]
STAP現象について今後、検証実験を進めていく - 丹羽氏がコメント
[2014/4/2]
小保方氏「いけないと思わなかった」-4時間を超えたSTAP問題の中間報告会見
[2014/3/15]
理研CDBの研究室主宰者22名、連名でSTAP論文問題に対する声明を発表
[2014/3/14]
山中教授、STAP幹細胞について考察
[2014/2/14]


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

https://news.mynavi.jp/itsearch/article/devsoft/1755
[10:30 8/24] 企業IT
AIで働き方改革!面倒な手書き文書をデータ化する「AI inside」
[10:27 8/24] 企業IT
ネットチャート、地域医療連携を促進する医療用画像のクラウド共有サービス
[10:25 8/24] 企業IT
2016年第2四半期国内PC出荷台数、シェアトップはNECレノボ - IDC
[10:08 8/24] 企業IT
米Pinterestが“あとで読む”サービスの米Instapaperを買収
[10:07 8/24] スマホとデジタル家電