試合中、審判同士の無線でのコミュニケーション可能に…免許状が交付

  [2014/07/14]

無線を付け、W杯で試合を裁いた西村雄一主審 [写真]=Getty Images

 JFA(日本サッカー協会)は14日、審判コミュニケーションシステム使用のための陸上移動局の免許状を総務省、関東総合通信局より4日に交付されたことを発表した。これにより、試合中に主審や副審、第4審判が無線により、随時連絡を取れるようになる。

 無線の使用は、審判員がサッカー競技規則に記される任務の遂行に際し、審判員間コミュニケーションの一部を補完、円滑かつ的確な判定を確保するためを目的としており、JFA主催の国際試合や天皇杯、Jリーグ(J1、J2)にて導入される。世界的には2006年のドイツ・ワールドカップで初めて導入され、以降FIFA(国際サッカー連盟)主催の国際大会、各大陸連盟主催大会において運用。また各国のリーグ戦でも導入が進んでいる。

 日本国内での無線導入の認可が下りたことについて、上川徹審判委員長は、「2006年に初めてFIFAワールドカップにて導入された審判コミュニケーションシステムを、今般、日本国内の競技会に本格的に導入できることとなりましたこと大変嬉しく思います。欧州はじめ諸国ではサッカーに限らず、審判員が的確な判定を下す上で様々なスポーツでも欠かせないツールの一つとなっており、今後、2019年にはラグビーワールドカップ、2020年にはオリンピック・パラリンピック競技大会をホストする日本でも大いに役立てられることと願っております。導入にあたり総務省、関東総合通信局はじめ関係者の皆様のご支援に対し、改めて御礼申し上げます」とコメントしている。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

[氷室京介]4大ドームツアーを完走しライブ活動“卒業” 今後は「時間をかけてアルバム作りを」
[23:00 5/25] エンタメ
【コラム】Windowsスマートチューニング 第393回 Win 10編: レジストリファイルを作成して、設定を維持する
[22:59 5/25] パソコン
松下幸市朗「ひとり暮らしの小学生 江の島の夏」後日談を追加して書籍化
[22:41 5/25] ホビー
[鈴木亮平]「変態仮面」海外進出に喜び まさかのアカデミー賞ノミネート“変態公約”も
[22:29 5/25] エンタメ
引退した美少女戦士が裏方に就職して奮闘!シタラマサコ描くお仕事コメディ
[22:27 5/25] ホビー

特別企画 PR