スマホで操作する超小型ドローン「Rolling Spider」が日本でも発売

仏Parrotは10日、スマートフォンやタブレットから操縦可能な超小型ドローン「Rolling Spider」と地上走行型ロボット「Jumping Sumo」を日本国内で販売すると発表した。両製品ともに7月から予約を開始、発売は8月を予定。税込価格はRolling Spiderが12,800円、Jumping Sumoが19,800円。家電量販店やアップルストア直営店などを通じて販売する。

Rolling Spider

「Rolling Spider」は、コンパクトな飛行型ドローン(無人機)。最大4mまで上昇でき、高速飛行や宙返りが可能で、左右に旋回させたり、前後に動かしたりすることができる。専用アプリの離陸ボタンを押すとモーターが起動し、離陸。スマートフォンやタブレットを左右に傾けると、Rolling Spiderが同じ動きをする。右側をスワイプすると、90度回転する。


Rolling Spider

2輪ホイールも装着可能で、取り付けることで、レーシングカーのように地面を走らせたり、クモのように壁面を駆け上がらせたりすることもできる。

また、機体の下には垂直カメラ(60fps)が備わっており、スナップショットの撮影、1GBのフラッシュメモリに記録も行える。内蔵のMicro-USBコネクタ経由で、PCに撮影したスナップショットを転送することもできる。

付属シール装着時

2輪ホイール装着時

専用アプリから操作

使用イメージ。最大4mまで上昇可能

操作は、スマートフォンやタブレットにインストールした無料アプリ「FreeFlight 3」を通じて、Bluetooth Smart経由で行う。同アプリはiOS、Androidほか、Windows 8.1/Windows Phone 8.1(10月提供予定)にも対応する。バッテリは550mAhのリチウムポリマーで、稼働時間は8分。

Jumping Sumo

Jumping Sumoは曲芸的な動きが可能な2輪車型ロボット。最大2m/秒のスピードで走行し、90度のカーブを曲がり、スピンやジャンプ(最大80cm)をしたり、ジグザグ走行が行えたりする。タイヤは格納式で、高速安定走行時にはタイヤを広げ、格納してコンパクトモードにすると狭いエリアのすり抜けも可能。


Jumping Sumo

また、広角カメラも搭載されており、Wi-Fi接続(2.4GHz/5GHz対応)したスマートフォンやタブレットの画面には、Jumping Sumoが捉えた映像がライブ・ストリーミングで配信される。Micro-USBスティックを事前に挿入しておけば、写真や動画を撮影・保存することもできる。

操作はRolling Spider同様に専用アプリ「FreeFlight 3」を通じて行う。対応OSもRolling Spiderと同じ。バッテリは550mAhのリチウム尾pリマーで稼働時間は20分。

付属シール装着時

コンパクトモード

使用イメージ

カラーは黒&赤、白&黒、カーキ&黄の3バージョンを用意。付属のステッカー3種類を使い見た目を変えることもできる。

人気記事

一覧

新着記事