NASAの宇宙飛行士、台風8号の衛星写真をTwitterに投稿

国際宇宙ステーション(ISS)に搭乗しているリード・ワイズマン宇宙飛行士が7月5日より、台風8号(ノグリー)の衛星写真をたびたびTwitterに投稿し、話題を呼んでいる。

ワイズマン宇宙飛行士は、7月5日に「ノグリーが日本に近づいている」というコメントと共に台風8号の大きな渦の写真を投稿している。

以降、ワイズマン宇宙飛行士は、JAXAの宇宙実験棟「きぼう」の写真を投稿して「どうぞご無事で!」というメッセージを寄せたほか、台風の目をアップした写真を投稿している。

気象庁によると、大型で非常に強い台風第8号は猛烈な台風(最大風速54m/s以上)となって、沖縄地方に接近する見込みだという。また、今後の台風の進路や発達により、今夜にも沖縄地方に特別警報を発表する可能性があり、身を守るため、早めの安全確保を図るなど最大級の警戒が必要としている。

7月8日12時時点の台風8号の経路図 資料:気象庁

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事