CentOS 7登場 -XFS採用など

CentOS is an Enterprise Linux distribution based on the freely available sources from Red Hat Enterprise Linux.

CentOSは7月7日(米国時間)、「CentOS 7.0.1406 Release Note」においてCentOSの最新版となる「CentOS 7」のリリースを伝えた。CentOS 6からCentOS 7へのアップグレードはそれぞれ最新のバージョンのみが対応となる。リリース時点ではCentOS 6.5からCentOS 7へのアップグレードパスが提供されている。アップグレード方法は「Chapter 2. Upgrade Tools」にまとまっている。

「CentOS 7」における主な変更点は次のとおり。

  • カーネルをバージョン3.10.0へアップデート
  • デフォルトのファイルシステムをXFSへ変更
  • カーネルネイティブiSCSIおよびFCoEのサポート
  • Linuxコンテナのサポート
  • Open VMware Toolsおよび3Dグラフィックドライバを同梱
  • デフォルトのJDKとしてOpenJDK 7を採用
  • ext4およびXFSにおけるLVMスナップショットのサポート
  • systemdの採用
  • firewalldの採用
  • GRUB2の採用
  • 40GbE NICのサポート
  • UEFI Secure Bootへの対応

CentOS 7の実行には最低でも512MBの主記憶メモリが必要とされているほか、インストーラの動作には最低でも406MBの主記憶メモリが必要だと説明がある。また、解像度が800x600よりも低いディスプレイではインストール時に下部に表示される画像が切れてしまうという説明もある。

Red Hatは先日リリースしたRed Hat Enterprise Linuxのサポート期間を10年としており、Red Hat Enterprise LinuxをベースとしているCentOS 7もサポート期間が10年になるものとみられる。CentOSはRed Hat Enterprise Linuxが利用されるシーンで代替候補として採用される傾向があり、今後10年にわたってさまざまなシーンで稼働し続けることになるものとみられる。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事