O2Oで来店促進、スマホアプリ構築支援サービス「Go! Store」

 

ショーケース・ティービーは7月7日、リアル店舗の来店促進を目的としたスマートフォンアプリの構築支援サービス「Go! Store」の提供を開始した。

Go! Storeは、プッシュ通知や会員管理など、O2Oアプリの開発に必要な機能をモジュール化し、管理画面とサーバインフラをクラウド化して提供するサービス。おもな機能は、プッシュ通知、クーポン&電子チラシ配信、ニュース更新、パーソナライズド・リコメンデーション、店舗検索、GPSマップ、PCページのスマホ変換、店舗お気に入り、Web更新画面、会員管理などとなっている。

Go! Storeのイメージ

同社はコストの低さを同サービスの特徴のひとつとしてアピールしており、初期構築コストは50万円以下に抑えることができる。また、月額費用は10万円から。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

KDDI、VoLTE対応の「かんたんケータイ」30日発売 - 32,400円
[21:32 7/28] スマホとデジタル家電
岡田准一、丸眼鏡かけ船上で凛とした表情! 『海賊とよばれた男』初映像公開
[21:30 7/28] エンタメ
楽天、世界のビジネスを要約するgetAbstractへ出資
[21:13 7/28] 企業IT
[松田翔太]オダギリジョーと蒼井優の“人見知り”にボヤキ 「全然しゃべってくれない…」
[20:56 7/28] エンタメ
日本HP、バッテリ駆動で最大500枚まで印刷できるA4インクジェット複合機
[20:54 7/28] パソコン