岡田准一、大河ドラマ『軍師官兵衛』が後半突入「悪い部分も見せていきたい」

 

大河ドラマ『軍師官兵衛』(NHK総合ほか 毎週日曜 20:00~)の第28回「本能寺の変」(13日放送)の試写会及び記者会見が4日、東京・渋谷区のNHK放送センターで行われ、キャストの岡田准一(V6)、江口洋介、竹中直人、寺尾聰が出席した。

大河ドラマ『軍師官兵衛』の会見に出席した、寺尾聰、江口洋介、竹中直人(左から)

同ドラマは、秀吉の天才軍師として活躍した黒田官兵衛の生涯を描く戦国時代劇。「本能寺の変」では、天下を揺るがす大事件が勃発。備中高松城を水攻めで攻略しようとしていた官兵衛(岡田)は、京で起こったクーデターを知り、知略の限りを尽くした大勝負に出る。

この日は、役衣装で登場した主演の岡田のほか、戦国の"三英傑"である信長役の江口、秀吉役の竹中、家康役の寺尾が登壇。燃え盛る火の中で迫真の演技を見せる江口が、「有名なシーンだけど、オリジナリティーがある。『50年生きたんだ!』という爽快さを出した」と振り返ると、竹中は「格好良かったですよ! たまらなかったですね」と大絶賛。しかし、憧れの存在だった信長を亡くし、竹中が「寂しくてこれからどうしていいか……」と泣き声をあげると、岡田は「この後は、色んなことが加速しながら密に駆け上がっていく。楽しみにしていて欲しい」と胸を張ってアピールした。

「本能寺の変」では、官兵衛が秀吉に「好機が訪れましたぞ」と進言するシーンもあるが、「有名なセリフなので、これが言えるならと(官兵衛役に)手を挙げた」と語る岡田は、「悪そうに言えればいいなと思っていたので悔いはない」と仕上がりに満足げ。10代の官兵衛から演じてきた岡田は、「先輩方の格に近づけるよう、若造に見られないように演じてる。年齢が上がってきて演じやすくなってきたので、完成した官兵衛を目指したい」と意気込み、「愛される部分は前半でしっかりやったので、後半は悪い部分も見せていきたい。(自身の)心を病みながら、悪いことをしていくと思う」と笑みを浮かべながら語った。

関連キーワード

写真で見るニュース

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

テリー伊藤、高畑淳子への影響を心配「バカ息子と一緒…共倒れの可能性が」
[11:06 8/28] エンタメ
松本人志、高畑裕太容疑者の母・淳子に苦言「息子にしっかりと怒りを」
[11:01 8/28] エンタメ
ラブリ「まだまだ恋愛をしたいです」初の写真詩集を出版
[11:00 8/28] エンタメ
Linuxが最初にリリースされた時のアナウンスメールからわかること
[11:00 8/28] 企業IT
自腹で買ったカバン、今までの最高額は何円?
[11:00 8/28] マネー

本音ランキング