楽天、「楽天市場」の"海賊版対策"を強化--コンテンツ海外流通促進機構と連携

御木本千春  [2014/07/03]

コンテンツ海外流通促進機構(以下、CODA)と楽天は3日、インターネット・ショッピングモール「楽天市場」における著作権などの権利侵害品(以下、海賊版)対策で連携するため、覚書を締結したと発表した。

具体的には、「楽天市場」において海賊版の販売などが疑われる場合、楽天が調査購入を行い、CODAを通じて権利者が権利侵害の有無について鑑定を実施する。これにより明らかな権利侵害が確認された場合には、楽天が出店規約に基づき、当該商品情報の削除を促すといった措置を取る。

楽天市場トップページ(出典:楽天市場Webサイト)

両者によると、近年、ECサイトやインターネットオークションなどを活用し、個人がインターネットを通じて簡単に物を販売(出品)できる機会が急増している一方、海賊版などの権利侵害品が個人間で売買されるケースも報告されている。このような状況の中、CODAは海賊版をはじめとする不正流通の対策を講じるべく、さまざまな活動を展開してきた。また、楽天も海賊版をはじめとする権利侵害品の排除に取り組み、安心、安全なショッピング環境づくりを行ってきたという。

両者は、今後もインターネット上における、より健全なマーケットの確立を推進していくとしている。

関連したタグ

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

【レポート】「PCがウイルスに感染しました」偽警告で電話させる手口が急増
[10:00 6/26] パソコン
【連載】iPhone基本の「き」 第203回 覚えてるはず、なのに……Apple ID「セキュリティ質問」の回答を忘れたら
[10:00 6/26] 携帯
濃厚な味わいなのに1粒あたり糖質0.4g! 低糖質生チョコレートが新登場
[10:00 6/26] ヘルスケア
[おそ松さん]オールフリーのキャンペーン告知動画第5弾は十四松 「素振り3000回だぁ!」
[09:00 6/26] ホビー
[真田丸]浅利陽介、再び小早川秀秋に「軍師官兵衛」に続き 「裏切るつもりは…」
[09:00 6/26] エンタメ