楽天、「楽天市場」の"海賊版対策"を強化--コンテンツ海外流通促進機構と連携

 

コンテンツ海外流通促進機構(以下、CODA)と楽天は3日、インターネット・ショッピングモール「楽天市場」における著作権などの権利侵害品(以下、海賊版)対策で連携するため、覚書を締結したと発表した。

具体的には、「楽天市場」において海賊版の販売などが疑われる場合、楽天が調査購入を行い、CODAを通じて権利者が権利侵害の有無について鑑定を実施する。これにより明らかな権利侵害が確認された場合には、楽天が出店規約に基づき、当該商品情報の削除を促すといった措置を取る。

楽天市場トップページ(出典:楽天市場Webサイト)

両者によると、近年、ECサイトやインターネットオークションなどを活用し、個人がインターネットを通じて簡単に物を販売(出品)できる機会が急増している一方、海賊版などの権利侵害品が個人間で売買されるケースも報告されている。このような状況の中、CODAは海賊版をはじめとする不正流通の対策を講じるべく、さまざまな活動を展開してきた。また、楽天も海賊版をはじめとする権利侵害品の排除に取り組み、安心、安全なショッピング環境づくりを行ってきたという。

両者は、今後もインターネット上における、より健全なマーケットの確立を推進していくとしている。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

[工藤夕貴]“山ガール”がドラマ「山女日記」で主演
[22:17 9/27] エンタメ
[貞子]女優・三田佳子に“変身”
[22:05 9/27] エンタメ
高畑裕太の代役は成田凌 - 映画『L-エル-』制作チーム一丸となって再撮
[22:00 9/27] エンタメ
[仮面ライダーカブト]ダークカブトの“真骨彫製法”フィギュア登場
[21:53 9/27] ホビー
TVアニメ『ツキウタ。』最終話・第13話のあらすじ&先行場面カット公開
[21:40 9/27] ホビー