楽天、「楽天市場」の"海賊版対策"を強化--コンテンツ海外流通促進機構と連携

御木本千春  [2014/07/03]

コンテンツ海外流通促進機構(以下、CODA)と楽天は3日、インターネット・ショッピングモール「楽天市場」における著作権などの権利侵害品(以下、海賊版)対策で連携するため、覚書を締結したと発表した。

具体的には、「楽天市場」において海賊版の販売などが疑われる場合、楽天が調査購入を行い、CODAを通じて権利者が権利侵害の有無について鑑定を実施する。これにより明らかな権利侵害が確認された場合には、楽天が出店規約に基づき、当該商品情報の削除を促すといった措置を取る。

楽天市場トップページ(出典:楽天市場Webサイト)

両者によると、近年、ECサイトやインターネットオークションなどを活用し、個人がインターネットを通じて簡単に物を販売(出品)できる機会が急増している一方、海賊版などの権利侵害品が個人間で売買されるケースも報告されている。このような状況の中、CODAは海賊版をはじめとする不正流通の対策を講じるべく、さまざまな活動を展開してきた。また、楽天も海賊版をはじめとする権利侵害品の排除に取り組み、安心、安全なショッピング環境づくりを行ってきたという。

両者は、今後もインターネット上における、より健全なマーケットの確立を推進していくとしている。

関連したタグ

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

NTTデータとネットイヤーグループ、流通業界へのオムニチャネル推進で協業
[09:00 5/28] 企業IT
自分に適したヘアケア方法や将来なりやすい病気がわかる遺伝子検査スタート
[09:00 5/28] ヘルスケア
【連載】鉄道トリビア 第356回 ひたちなか海浜鉄道は、総延長約2万1,000kmの路線の一部である
[08:00 5/28] ホビー
TVアニメ『この美術部には問題がある!』、キービジュ&追加キャスト公開
[08:00 5/28] ホビー
TVアニメ『不機嫌なモノノケ庵』、追加キャストに立木文彦や谷山紀章ら
[07:30 5/28] ホビー

特別企画 PR