彼氏に「借金」を頼まれたら、いくらまで貸せる?

坂田陽子  [2014/07/03]

男女間に起こる問題で一番多いのは何だと思いますか?

浮気や不倫を想起しがちですが、何といっても一番多いのは「お金」の問題。

交際中であれ、婚姻中であれ、お金の問題は常に男女間に付き纏(まと)いますが、今回は交際中の独身男女に言及してお話します。

以前、カウンセリングの中で、女性の相談者に対してこう聞いたことがあります。

「彼氏が"お金を貸して欲しい"と言ってきたら、いくらまでなら貸せますか?」と。

相談者の年齢や職業は千差万別でしたが、一番多い回答は「3万円まで」。次に多かったのは「貸さない」という答えでした。中には例外として「100万円」と答えた方もいましたが、これはあくまでも例外中の例外と言えます。

――ここで、実際の相談例の中から抜粋して具体例をご紹介しましょう。

相談者は、10歳年上の飲食店経営者と交際中の看護師・Kさん(27歳)。その彼氏、飲食店の運転資金と称して、Kさんから3~5万円を数回に渡り借用していたそうです。その累計金額が30万円を超えてしまいそうな頃、Kさんが私の下へ相談にいらっしゃいました。

「彼の事は好きなんですが、このまま交際を続けても良いのでしょうか?」

この質問を受けた私は即座に「別れなさい」と回答しました。

金額の多寡に関わらず、交際中の男性に対して女性がお金を貸すのは、ダメだと思っています。時には、止むを得ない事情もあるでしょう。しかし、一度ならいざ知らず、複数回借りるのは有り得ないことです。他人にお金を借りることを厭わない男性は、得てして女性関係に対してもルーズであると言われています。こんな男性とは別れて然るべきです。

さて、件のKさん。後日談ではありますが、彼氏を問い詰めた結果、他の女性とも交際していることが分かったそうです。しかも、Kさん同様にその女性からもお金を借用していたとか。その後、Kさんから「彼氏からお金を返して貰い、きっぱりと別れました」という報告を受けました。

借りたお金を返さず、再び無心するような男は言語道断。さっさと別れましょう。

英語にはこういう表現があります。「Love lasts as long as money endures.(恋愛は金がある限り続く)」。日本にも同様のことわざ、「お金の切れ目が縁の切れ目」があります。そう、お金が絡む恋愛関係は早晩に破綻する可能性が高いと心得ておくことが必要かもしれません。

(※画像は本文とは関係ありません)

執筆者プロフィール : 坂田 陽子(さかた ようこ)

福岡県生まれ。20代の半ばから恋愛・夫婦問題に関するカウンセリングを開始する。その相談件数は年間1万件以上。多くの案件を解決した経験から独自の恋愛論を展開し、各メディアで人気に。現在では、経験を活かし、結婚相談所「ブライダルジャパン」と社会人サークル「東京アクティビティ」を主宰している。これまでに、多数の出逢いと成婚を手がけ、30代女性の成婚率においては90%以上を誇る業界屈指の恋愛カウンセラーである。

坂田陽子の結婚相談所「ブライダルジャパン」→http://www.bridaljapan.com/
関連したタグ

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

藤原竜也、洋画実写吹き替え初挑戦! 続『インデペンデンス・デイ』主人公役
[04:00 5/25] エンタメ
舞台「ダイヤのA」は薬師戦!真田役は上田堪大、栄純・降谷・御幸は続投
[00:00 5/25] ホビー
アニメ「orange」橋の上で空を見上げるメインキャラ6人のビジュアル
[00:00 5/25] ホビー
「聲の形」の大今良時、今秋にファンタジー新連載開幕!マガジンに予告
[00:00 5/25] ホビー
[浅田真央選手]姉・舞とNMB48冠バラエティーに出演 号泣するメンバーも
[00:00 5/25] エンタメ

特別企画 PR