リアルタイム解析「KARTE」のプレイド、フェムトグロースなどから1.5億調達

プレイドはこのほど、フェムトグロースキャピタル投資事業有限責任組合などを割当先とする第三者割当増資を行い、1億5000万円を調達したことを発表した。この資金調達により、フェムトグロースキャピタル ゼネラルパートナーの磯崎 哲也氏が社外取締役に就任している。

プレイドは現在、Web接客サービス「KARTE」をクローズドβ版で提供しており、今秋に一般リリースを予定している。

KARTEはリアルタイム解析によって、実店舗のような「相手の状況にあわせた接客」をWebサイトで提供するサービス。数行のコードをWebサイトに埋め込むだけで利用でき、訪問ユーザーの特徴や行動をリアルタイムに可視化して、各ユーザーにあわせた接客施策を提示するという。訪問者に対するアクションは自動化でき、簡単に利用できる接客施策のテンプレートも用意されている。

サービスのイメージ

同サービスはまずECサイトを対象としてサービスを展開する予定で、同社は今回の資金調達によって開発体制を整備するとしている。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事