Androidのシェア増加 - 6月OSシェア(モバイル)

Net Applicationsから2014年6月のモバイルOSシェアが発表された。2014年6月はiOSがシェアを減らし、Androidがシェアを増やした。iOSとAndroidのシェアで90%近くに達しており、この2つのプラットフォームがスマートフォンやタブレットデバイスなどで支配的な位置づけにあることがわかる。

バージョン別にみるとAndroid 4.2とAndroid 4.4のシェアが増え、Android 4.1と4.3のシェアが減少している。Androidの内部では新しいバージョンへの移行が進んでいることがわかる。Androidは全体としてのシェアは大きいがバージョンごとへの分断化が進んでおり、その傾向は今後も継続するものとみられる。

2014年6月モバイルOSシェア/円グラフ - Net Applications報告

2014年6月モバイルOSバージョン別シェア/円グラフ - Net Applications報告

2014年6月モバイルOSシェア/棒グラフ - Net Applications報告

2014年6月モバイルOSバージョン別シェア/棒グラフ - Net Applications報告

順位 プロダクト 今月のシェア 先月のシェア 推移
1 iOS 45.61% 48.34%
2 Android 43.75% 41.58%
3 Java ME 3.77% 3.46%
4 Symbian 2.73% 2.52%
5 Windows Phone 1.99% 2.10%
6 BlackBerry 1.36% 1.14%
7 Kindle 0.67% 0.72%
順位 プロダクト 今月のシェア 先月のシェア 推移
1 iPad 24.14% 26.10%
2 iPhone 21.03% 21.75%
3 Android 4.1 10.33% 10.61%
4 Android 4.2 8.53% 7.49%
5 Android 4.4 7.25% 5.54%
6 Android 4.3 4.48% 4.98%
7 Android 4.40% 4.09%


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事