Apple、「iOS 7.1.2」の提供を開始 - iBeaconの安定性向上など

  [2014/07/01]

米Appleは30日(米国時間)、同社が提供するOSの最新版「iOS 7.1.2」の提供を開始した。最新版への更新でiBeaconの接続・安定性が向上する。対応機種はiPhone 4以降と、iPad 2以降、iPad mini以降、iPod touch(第5世代)。

「iOS 7.1.2」

「iOS 7.1.2」の改良点は以下の通り。

  • 「iBeacon」の接続と安定性が向上

  • バーコードスキャナなど、一部の他社製アクセサリ使用時のデータ転送に関する問題を修正

  • メールの添付ファイルのデータ保護クラスに関する問題を修正

「iBeacon」は、「iOS 7」に標準搭載されている、「Bluetooth Low Energy(BLE)」を使った近距離無線機能技術。ネット上の情報と実店舗をつなげるO2Oサービスに活用されている。

「iPhone 5s」からアップデートするには、「設定」から「一般」と進み、2つめの項目「ソフトウェアアップデート」を選択。そして、「ダウンロードしてインストール」をタップすればよい。なお、アップデートには、Wi-Fi接続が必要となる。

特別企画 PR

人気記事

一覧

新着記事

伊勢志摩サミット、中部空港に到着する各国首脳をMIRAIとMRJがおもてなし
[10:10 5/25] 趣味
日本ボールドウィンがMSのERPを導入 - データの一元管理を実現
[10:00 5/25] 企業IT
【コラム】どこでもサイエンス 第77回 増やせばワカルDNA - 「PCR」のお話
[10:00 5/25] テクノロジー
ピュア・ストレージ、オールフラッシュファイルストレージを発表
[09:57 5/25] 企業IT
DDoSの脅迫に屈するな! 従えばエスカレート! - 情報セキュリティEXPO 春
[09:30 5/25] 企業IT

特別企画 PR