ソニー、テレビ事業をソニービジュアルプロダクツとして7月1日に分社化

  [2014/06/27]

ソニーは6月27日、グループ内でテレビ開発・製造などの事業を行う新会社として「ソニービジュアルプロダクツ株式会社」を発足させることを発表した。新会社はソニーの100%出資会社となり、資本金は1,000万円。営業開始日は2014年7月1日となっている。

ソニービジュアルプロダクツは、長年赤字に陥っているソニーのテレビ事業を黒字化させることを念頭に設立される新会社。事業をソニー本体から分社化することで独立採算性が強化されるほか、スピーディな経営を行う目的だと同社では説明している(2013年度第3四半期決算説明会での平井一夫社長談)。

新会社の代表取締役社長には、現在テレビ事業を統括する業務執行役員 SVPの今村昌志氏が就任する。従業員数は約750名。事業内容はテレビ及びその周辺機器の開発・設計・製造・販売事業、及びこれに関連、附帯する一切の事業となっている。本社所在地は東京都品川区大崎。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

和田アキ子、高知容疑者に"なんで?"連発「奥さんいらっしゃるのに」
[15:05 6/26] エンタメ
指原莉乃、総選挙二連覇も批判の声が相次ぎ「傷つきました」
[14:32 6/26] エンタメ
浜口順子、31歳の誕生日に結婚「ええ嫁はんになれるように頑張ります!」
[14:13 6/26] エンタメ
「ククルス・ドアンの島」ガンダムエース15周年を記念して連載開始
[14:13 6/26] ホビー
[この素晴らしい世界に祝福を!]テレビアニメ第2期が17年1月スタート
[14:10 6/26] ホビー